ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。

軽くて暖かいダウンジャケットは、冬の必須アイテム!

毎日のように着込んだダウンジャケット。
春の訪れとともにまた来年としまってしまう前に、しっかりとクリーニングしましょう。
襟元や袖口はとても汚れています。

1枚ならともかく、家族全員のダウンジャケットクリーニングにだすと、かなりの金額に。

そこで、ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法をご紹介いたします。
洗濯表示を確認すると、自宅で洗うことができるかを知ることができます。

ドライマークや手洗い禁止の表示があると、残念ながら自宅で洗うことはできません。

それでは、お世話になったダウンジャケットを自宅でセルフケアする方法と手順をご紹介いたします。

おすすめの洗剤や、防水スプレーの掛け方なども合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

スポンサーリンク

ダウンの洗濯は自宅でもできる

冬の間着る機会の多かったダウンジャケットはしっかりと洗濯をしてからしまいましょう。襟元や袖口には汚れがたくさんついているので、しっかりお手入れしてからしまうことをオススメします。しかしダウンジャケットは家族全員分をクリーニングに出すと金額が高額になってしまいます。そこで自宅で洗濯をしてみましょう。

手順やコツさえしっかりと抑えると自宅でも洗濯ができます。

ダウンは汗をかきやすい襟元や袖口は汚れが溜まりやすい

このままの状態にしてしまうと、変色の原因になるので汚れをしっかりと確認しましょう。

  1. 洗濯表示の確認洗う前に洗濯表示を確認
    洗濯機マークや手洗いマークがついていると自宅で洗濯する事ができます。水洗い不可になっているものは洗うことができないのでクリーニング店に出しましょう。
  2. 汚れている部分の確認どこが汚れているのか確認
    汗をかきやすい襟元や、袖口、ポケットの部分などは汚れやすいのでしっかりと確認しましょう。汚れがついている部分を知ることで素材を傷めずに洗うことが出来ます。
  3. 汚れている部分を洗う水を含ませたスポンジで汚れている部分を濡らし、下洗いをする
    汚れている部分に石鹸をつけてスポンジでこすります。素材によって力加減を調節しましょう。
  4. 中性洗剤を薄めた物をスポンジに含ませ全体をこする
    ぬるま湯1Lに小さじ半分の中性洗剤を溶かし、スポンジに含ませ、全体を洗う。
  5. 洗い終わったらぬるま湯ですすぐ
    表面の泡がなくなるまでしっかりすすぎをします。
  6. 軽く折り形を整えて洗濯機で3分脱水する
    シワになるのを防ぎたい場合は1分ごとに脱水を止めて、形を整えて脱水すると偏りやシワになりにくいです。

干す形を整えてから干すことで乾いたときの仕上がりに違いがでます。ファスナーやボタンは開けることで早く乾きます。

ダウンジャケットを自宅で洗濯する前に洗濯表示を必ずチェック!

ダウンジャケットの洗濯表示にドライマークや水洗い不可のマークがついている場合は自宅では洗濯することができないのでクリーニングに出すことをオススメします。

レザーやフェイクレザー、ウールで作られているダウンジャケットは洗濯ができません。レザーは色落ちや型崩れ、素材の劣化など起きてしまい、ウールのダウンジャケットを洗濯してしまうと縮んでしまう可能性があるので、自宅では洗濯ができません。

ダウンジャケットの洗濯を自宅で行う場合はあくまでも自己責任で

寒い季節になると着る機会が多くなるダウンジャケットは毎日着る機会が多いので意外に汚れが気になる人も多いです。クリー二ングに出すと仕上がりまで日数もかかりますし、料金も高額になります。

ダウンジャケットは自宅で洗濯出来るものも多くなってきました。洗濯表示を確認し自宅で洗濯してみましょう。

洗濯を始める前に洗濯表示の確認をし、洗濯ができる物は洗濯をします。汚れが気になる部分には、前もって下処理を行うと汚れ落ちが違います。

ダウンジャケットは洗うよりも乾かすのが大変です。自宅で洗濯をするとダウンのふくらみが戻らないこともあります。失敗してしまうと羽毛が固まり二度と着れなくなってしまいます。自宅で洗濯をする場合は自己責任でするようにしましょう。

ダウンジャケットを自宅で洗濯したあと、この一手間でふんわりします

ダウンジャケットを自宅で洗濯した後のひと手間で仕上がりが断然に違います。ダウンジャケットは完全に乾くまで2~3日かかります。直射日光が当たらない、風通しのいい場所で乾燥させましょう。

ダウンジャケットの表面が乾いてきたら、両手で挟み軽く叩いたり、上下に振ったりして、中の羽毛をほぐすとふんわりした仕上がりになります。このひと手間でふんわりしたダウンジャケットになります。

ダウンジャケットの洗濯を自宅でする時には専用洗剤を使うのがおすすめ

ダウンジャケットは薄くて暖かいので子供から大人まで人気にあるウェアです。しかし毎日着ていると襟元や袖口の汚れが気になりますよね。汚れるとクリーニングに出すしか方法がないと思われがちですが、自宅でも洗濯することが出来ます。自宅で洗濯をする場合は、洗濯表示の確認をしましょう。手洗いが可能なら自宅で洗濯できるので節約にもなります。

自宅でダウンジャケットを洗濯する場合は専用の洗剤を使うことをおすすめします。洗剤は中性、酸性、アルカリ性のタイプがあります。汚れの種類によって使い分けをします。ダウンジャケットにおすすめの洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤にしましょう。おしゃれ着洗いの洗剤は種類や匂いも豊富なのでお好みの洗剤を見つけましょう。

ダウンの洗濯を自宅で!仕上げは防水スプレーを

ダウンの洗濯を自宅で行った後は仕上げに防水スプレーをかけましょう。スプレーをかける場合は目立たない場所で試してからにします。

撥水が必要なのは表面だけなので、中のダウンが湿ってしまうほどスプレーをかけるのはやめましょう。防水スプレーをすると、ダウンジャケットの濡れ予防や汚れ防止の効果があります。

防水スプレーはダウンジャケットから20センチ以上離し、全体に均一になるようにスプレーをします。一度かけて、しっかり乾いた後にもう一度スプレーをすると効果が倍増します。防水スプレーを使用する場合は屋外の換気がいい場所で使用するようにしましょう。