ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、どうすれば洗濯機で浮くのを防いで洗うことができるのでしょうか?できれば自宅の洗濯機で洗えたらとても便利ですよね。

そこで、ダウンの洗濯機での洗い方について、気になる汚れの事前の下洗いやダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、ダウンジャケットを洗うときのポイントなどお伝えしていきます。

これで、ダウンを洗濯機で浮いてしまうのも防ぐことができるので、安心して自宅でダウンの洗濯ができるでしょう。ポイントを押さえれば自宅でも気軽に洗えるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

スポンサーリンク

ダウンは洗濯機で浮くのをしっかりと沈めるのがポイント

ダウンは自宅の洗濯機で洗うことができるものも多いです。ダウンをクリーニングに出すと他の衣類に比べて料金が高めなので、自宅で洗濯ができると助かりますよね。

ですがいざ自宅で洗濯をしようとすると、ダウンは軽くて水に浮いてしまうため、なかなか上手に洗うことができないという問題があります。
ダウンをキレイに洗うためには、ダウンをしっかりと水の中に沈めることがポイントになります。

ダウンを洗濯機で洗う方法

  1. ダウンのファスナーやボタンはしめておきます。取り外せる金具がある場合は、取り外しておきましょう。
  2. 洗濯機に水をためたら、ダウンを水の中に沈めます。すぐに浮いてきますので、中の羽毛が水を吸い込むまで、何度も手て押して沈めてください。
  3. ダウンがきちんと水の中に入ったら、洗濯機を動かします。ダウンを洗うときは、やさしく洗うコースを選んでください。
  4. 脱水は短めにします。30秒ほど脱水したら、ダウンを洗濯機からと取り出して、中の羽毛をもみほぐしたら、再度30秒ほど脱水をします。脱水ともみほぐすことを3回位繰り返してください。こうすることで、ダウンがぺちゃんこになるのを防ぐことができます。
  5. 干す時は陰干しをして、時々ダウンを軽く叩いたり、上下に振ったりしてください。ダウンをもみほぐしても良いです。ダウンが固まってしまうのを防ぎます。

ダウンは洗濯機で浮く、気になる汚れは下洗いも大切

ダウンを洗濯機で洗う場合は、やさしく洗うコースを選んで生地に与えるダメージを抑えるようにますが、汚れを落とす効果は標準コースに比べるとどうしても劣ってしまいます。

ダウンを洗濯する時は、汚れが気になる部分を前もって処理しておくことがポイントです。

ダウンコートやダウンジャケットは、素肌が直接あたる袖口や襟元が汚れやすくなります。特に淡い色のものだと、色が黒ずんで汚れが目立ってしまいます。

汚れがひどい部分には、スポンジに石けんをつけて、上からトントンと叩いて汚れを落としておきます。

ブラシを使う方法もあります。汚れの部分を濡らしてから、使用する中性洗剤の原液を生地に染み込ませ、ブラシを使ってやさしくこすってください。ブラシがない場合は指で軽くもんでも良いです。生地を痛めないように、力を入れすぎずやさしく行ってください。
ダウンを洗うときは、まず汚れがひどい部分だけ下洗いしておくと、全体的にキレイに洗い上げることができます。

ダウンを洗濯機で浮くのを防ぐにはバスタオルで包むこと

洗濯機でダウンを洗う場合、ダウンを水の中に沈めることがポイントですが、なかなか沈んでくれない場合もありますよね。
何度も手で押してみても、すぐにプカプカと浮いてきてしまいます。

ダウンを沈めて洗うためには、バスタオルを使う方法があります。

ダウンをバスタオルに包んでから洗濯ネットに入れる

バルタオルは水を吸い込んで重くなるため、ダウンを沈めることができます。

洗濯ネットはジャストサイズのものを使ってください。洗濯ネットが大きすぎると、ネットの中でダウンが動いてしまい、型崩れを起こしてしまいます。

洗濯ネットが小さすぎても、ネットの中に入れることが難しくなり、洗剤を溶かした水がダウン全体に行き届かなくなってしまいます。

ダウンコートなど大きなサイズの場合は、それに合わせた大きめの洗濯ネットを用意してください。

ダウンはドラム式洗濯機だと浮かずに安心して洗える

ダウンを縦型洗濯機で洗おうとすると、どうしても水に浮いてしまうため、沈める作業が必要になります。浮いた部分はキレイに洗えないので、水の中に沈めてから洗濯を始めなければなりません。

その点、ドラム式洗濯機なら、洗濯機に中にダウンを入れるだけで、あとは洗濯機が全て行ってくれます。
ドラム式洗濯機は、洗濯物を上から叩き落とすようにして洗います。少ない水を使い、洗濯物を落として洗うという作業を機械がやりますので、タウンを沈める必要もありません。ダウンの洗濯にはドラム式洗濯機の方が向いているとも言えるでしょう。

ドラム式洗濯機の乾燥機は、ダウンをふんわりと乾燥させることに効果的です。
乾燥機を使ってダウンを乾燥させる場合は、硬式のテニスボールを一緒に入れておくと良いです。ボールがダウンを適度に叩くことで、中に羽毛がほぐれてふんわりとなります。

ダウンは洗い方のポイントに気をつけて丁寧に洗濯しよう

ダウンを洗濯機で洗うときは、洗い方のポイントをおさえておくことで、上手に洗い上げることができます。

洗濯機で中性洗剤を使う

普通の洗濯洗剤は使わずに、洗濯用の中性洗剤を使ってください。中性洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤として販売されています。アクロンやエマールなどがあります。

やさしく洗うコースを選ぶ

洗濯機のメーカーによって名称は異なりますが、ドライコースや手洗いコース、ソフト洗いコースといった弱い水流でやさしく洗うコースを選んでください。
標準コースだと洗い方が強すぎて、ダウンの表地にダメージを与えてしまいます。

洗う前に下処理をします

ダウンのファスナーやボタンはしめておきます。取り外しせる金具などは取り外してください。洗濯中に金具が引っかかって表地を痛めることもあります。

汚れが気になる部分は、下洗いをしておきます。やさしく洗うコースは標準コースよりも洗浄力が劣ってしまいますので、汚れがひどい部分は洗剤をつけておきます。

柔軟剤も使う

柔軟剤は静電気を抑え、すべりを良くする効果があります。羽毛がフワフワに仕上がるので、ぜひ、使うようにしてください。

大切なダウンも洗い方のコツをおさえることで、自宅でもキレイに洗濯をすることができます。ぜひ、ここで紹介した方法を試してみてくださいね。