ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと乾燥させることなのです。しかし、ダウンを洗濯したらボリュームがなくなってしまったということもあります。

そこで、ダウンの洗濯で失敗しないためにも乾燥させるポイントについて、効率よく乾燥させる方法やドライヤーを使って乾燥させるコツ、ダウンジャケットを乾燥機を使ってボリュームアップさせる方法などお伝えしていきましょう。

これで、ダウンを洗濯したときも乾燥の仕方に迷いませんし、失敗せずにふんわりと復元させることができます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

スポンサーリンク

ダウンを洗濯機で洗った後はしっかり乾燥させるのがポイント

寒い季節になると毎日着る機会が多くなるダウンジャケット。しかし毎日着ていると汚れが気になりますよね。ダウンジャケットをクリーニングに出すと仕上がりまでに日にちもかかってしまいますし、料金もかなり高額になります。ダウンジャケットによってはクリーニングに出さなくても自宅で洗うことが出来ます。自宅で洗う場合しっかりと乾燥させることがポイントになります。

自宅の洗濯機で洗濯した後は中の羽毛をきちんと乾かすことを意識します。脱水後はジャケットの肩の部分を持ち軽く振ります。そうすることで羽毛の偏りを防ぐことができます。又ダウンジャケットは直射日光は当たると色が変色してしまうため、風通しのいい日陰に干します。ハンガーは太めのハンガーに干します。太めのハンガーがない場合はアームの部分にタオルを巻いて使用すると型崩れが起きにくくなります。

2日程度干した後に軽く振り中の羽毛をふっくらさせます。偏っていたり、中で固まっている部分をほぐしてあげます。完全に乾くまで何度も繰り返します。乾かしている途中でひと手間かけることで仕上がりに違いが出ます。

洗濯機でダウンを洗って効率よく乾燥させる方法

ダウンジャケットをクリーニングに出すと費用が高いので自分で洗うことが出来るといいと思いますよね。ダウンジャケットは種類によっては自宅の洗濯機で洗うことが出来ます。自宅でダウンジャケットを洗濯する場合は必ず洗濯表示を確認してから洗濯をしましょう。

ダウンジャケットを自宅で洗濯して失敗してしまう原因は乾燥です。洗濯後のダウンは中の羽毛がダマになっています。そのため羽毛がほぐれが解消されないとボリューム感が元には戻らないのです。効率よく乾燥させましょう。

洗濯後はしっかりと形を整えて干すと乾いた時の仕上がりがよくなります。ファスナーやボタンは全部あけて通気性をよくしてハンガーにかけます。

ハンガーにかけた状態でパンパンと手で叩きながら羽毛をほぐします。手で叩いても元の膨らみには戻らない場合は乾燥機を使用しましょう。乾燥機にかけることでダウンのふっくら感が増します。手で叩くことでふっくらしやすくなります。

洗濯機で洗ったダウンをドライヤーを使って乾燥させるコツ

寒くなると着る機会が多くなるダウンジャケットは、襟元や袖口などの汚れが気になることがあります。汚れるとクリーニングに出す人が多いですが、実は自宅でも洗濯することができます。クリーニングに出すと仕上がりまで日数もかかってしまいますが、自宅で洗濯をすることクリーニングに出すよりも早く着ることができますし、料金を安く済ませることができるので節約にもなります。

ダウンジャケットを洗濯機で洗い乾燥させる場合は、ドライヤーを使う方法があります。ダウンジャケットの生地は熱に弱いので、温風を同じ場所にかけ続けると表面に穴が開いてしまう可能性もあるのでドライヤーを使う場合は冷風でかけるようにしましょう。

ダウンの洗濯は乾燥後のボリュームアップが暖かさのポイント

ダウンジャケットを洗濯後にそのままの状態で干すと中で羽毛同士がくっついたままなので、空気を含めない状態になっています。そのため乾かしている途中に固まりをほぐしてあげることがポイントになります。

脱水が終わったらすぐに取り出し干します。そのままの状態にしておくと中で羽毛がくっつきやすくなるので、終わったらすぐに取り出します。取り出したダウンジャケットの肩の部分を持ち振って形を整えます。羽毛の偏りが出ないようしましょう。

干す場所は風通しのいい日陰にします。2~3日かけて中までしっかり乾燥させます。ダウンジャケットは中の羽毛までしっかり乾くのに時間がかかります。乾かしている間は羽毛の固まりをほぐしてあげるとふっくらしたボリューム感になります。ボリューム感が戻らない場合は乾燥機にかけると元に戻ります。しかし乾燥機をかけることができないダウンジャケットもあるので洗濯表示の確認は必ずしましょう。

乾燥機をかけれるダウンジャケットは低温でかけます。乾燥機に入れる時にテニスボールを3個入れるとよりふっくらした仕上がりになりボリューム感がアップします。

自宅で洗ってコインランドリーの乾燥機を利用すると便利

ダウンジャケットは軽くて暖かいので着ている人も多いですよね。しかしクリーニングに出すとかなり高額な費用がかかってしまいます。少しでも節約するために自分で洗ってみましょう。

ダウンジャケットに洗濯機マークや手洗いマークがついていると自宅で洗うことが出来ます。自宅で洗いコインランドリーの乾燥機を使うと便利です。手間がかかってしまいますが費用を抑えること出来ます。何より自分で洗うので綺麗になったことが実感できます

コインランドリーの乾燥機を使う場合は低温で使用しましょう。乾燥機を使うことでダウンジャケットはふわふわの仕上がりになるのでコインランドリーの乾燥機を利用しましょう。