ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。
必ず洗えるダウンかどうかを確認してから、はじめてください。
ダウンは普通の洋服よりも金額も高額になりますし、失敗するとやはりショックが大きいですよね。

ここでは、失敗しないためのダウンの洗濯方法について、洗う前の洗濯表示の確認や失敗せずに洗濯する方法、気を付けたいダウン洗濯の失敗で多い原因や洗濯で失敗したダウンの対処法、ダウンの洗濯で失敗しないためのポイントなどお伝えしていきましょう。

これで、あなたも失敗を恐れずにダウンの洗濯が自宅でできますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

スポンサーリンク

ダウンを洗濯で失敗しないためには洗濯表示を確認

暖かい季節になると冬の間大活躍したダウンをクリーニングに出すか、自分で洗濯をしようか悩みますよね。

クリーニングに出すとかなりの金額がかかってしまうため、自分で洗濯することができると節約ができます。
ダウンを自宅で洗濯する場合、失敗しないためには洗濯表示の確認をしっかり行いましょう。

洗う前に洗濯表示を確認し、洗濯機マーク、手洗いマークがついていると自宅で洗うことができます。水洗い不可のマークがあると洗うことは出来ません。レザーやシルクなどファッション性重視のダウンは、自宅での洗濯が出来ない物が多いので注意しましょう。

ダウンを失敗せずに洗濯するためには優しく手洗いが基本

冬の間に活躍したダウン。毎日のように着ていると袖口や襟元の汚れが気になりますし、汗をかくと濡れて臭いも気になります。季節の変わり目には洗濯をして、綺麗にしてから収納しましょう。ダウンを失敗せずに自宅で洗濯するには、どのようにすると失敗しないのでしょうか。

ダウンを洗濯する場合、基本は手洗いになります

  1. ダウンが普通の衣類とは違いゴシゴシ洗う事ができないので、襟周り、袖口などの汚れが目立つ部分は下洗いしておきます。洗濯する前に汚れている部分をぬるま湯で濡らし、原液の洗剤をつけ揉み洗いします。
  2. デリケート衣類用の中性洗剤を用意します。
    ダウンが浸る程度のぬるま湯に洗剤を入れてよく混ぜます。
    洗剤がしっかりと溶けたらダウンを入れ、押し洗いします。
    羽毛は水を吸わないので手で抑えて水を吸わせ洗います。たっぷりの水で洗うのがポイントになります。
  3. 水を流し軽く脱水し、ぬるま湯をためてすすぐことを2~3回繰り返します。
    汚れや泡がでなくなるまですすぎをします。水が綺麗になったら柔軟剤を入れ仕上げ、1分脱水機にかけます。
    効率よく脱水するために、ファスナーを開け、洗濯機のドラムに沿うようにダウンを入れましょう。

ダウン洗濯の失敗は乾燥が原因になることが多い

ダウンを自宅で洗濯すると失敗したという人は、乾燥が原因のことが多いのです。ダウンジャケットを自宅で洗濯する場合、一番気をつけるポイントは干し方になります。

洗濯後のダウンの中の羽毛は、絡み合ってダマのようになっています。この羽毛がほぐれないとボ、リュームは戻りません。そのため、ハンガーにかけた状態で、手でポンポンと叩きながら羽毛をほぐしていきます。2~3日陰干しして完全に乾燥させます。最初からハンガーに干してしまうと、ダウンが下の方に寄ってしまい、形を整えるのが大変になるので、ある程度、水分が抜け軽くなってからハンバーに吊るします。干している間ポンポンと叩きほぐします。ダウンが偏ったまま乾いてしまうと、ふわふわにならず回復しないこともあります。風通しのい日陰でしっかりと乾燥させましょう。

十分に手で叩いても回復しない場合は、ドラム式乾燥機を使いましょう。乾燥が目的ではなく、羽毛をほぐすために使用します。回転の時にかかる適度な力を温風が、羽毛をほぐしてくれます。仕上げ乾燥は10分程度で十分です。自宅に乾燥機がない場合はコインランドリーを利用してみましょう。10分で100円程度になります。

ダウンは中の羽毛が空気を抱き込み、その空気が断熱材の役割になるので暖かく感じます。ボリュームがないと保温性の効果が感じられなくなります。ダウンのボリューム感がしっかり戻らないことで、失敗と感じる人が多いのです。

洗濯で失敗して偏ったダウンはひたすら手でほぐすこと

自宅で洗濯し毛が固まって偏ってしまったダウンは手でほぐしましょう。
ダウン全体が偏っているので、端から順番にほぐしていきます。

ダウンの方をつまみ軽く振ったり、両手で挟むように軽くパンパンと叩いたり、偏って中で固まっているような部分を重点的に振りほどくようにしてほぐします。
完全に乾くまで何度も繰り返しましょう。
コツは塊を裏表の両側からつまみ少しづつほぐして行くことです。

ダウンの洗濯で失敗しないために気を付けたいポイント

ダウンは羽毛の吹き出しを防ぐために、繊維の間に隙間がないように加工されています。
キルティングの縫い目の部分に、影のようなシミが出来てしまうという現象が出来てしまうこともあります。
黒や白のダウンは目立ちにくいですが、ベージュなどの中間色は注意が必要しましょう。

ダウンのトラブルで多いのは乾燥のときです。ボリュームが復元されないことも、乾燥が不十分になるためです。乾燥はしっかりとさせましょう。

ダウンを洗濯すると嫌な臭いが発生してしまうこともあります。
このような臭いは、ダウンの衣類の生産過程で問題がある時に起こりやすいです。
羽毛は事前に洗浄や脱臭処理されてから詰めて使用されますが、その処理がしっかり出来ていないと雑菌が繁殖してしまい異臭になってしまう可能性もあります。そのような場合は、洗う時間を長くし洗剤をよく浸透させ、酸素系漂白剤を使い除菌しましょう。洗濯後に異臭が発生したら、ひと手間加えもう一度洗い直しすることをおすすめします。