ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げることができるのです。もしも、自宅に乾燥機がない場合は、コインランドリーを利用するのもいいでしょう。

そこで、ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイントについて、ダウンを洗濯した後は乾燥機で乾かすのがおすすめな理由やダウンを乾燥機を使ってふわふわに仕上げるコツ、ダウンを乾燥機で乾かすときの注意点やダウンを洗濯して失敗しないための洗い方や乾燥のポイント、ダウンを洗濯した後の保管方法などお伝えしていきます。

これで、ダウンを洗濯した後に乾燥機を使ってふわふわに仕上げることもできるので、自分でも手軽に洗うことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

スポンサーリンク

ダウンを洗濯した後は乾燥機で乾かすのがおすすめ

寒い季節になると活躍する機会が多くなるダウンジャケット。ダウンジャケットの洗濯はどのようにしていますか?クリーニングに出している人も多いはずですが、クリーニングに出さなくても自宅で洗濯することができるダウンジャケットもあります。

ダウンジャケットをふわふわにするためには乾燥が大切です。ダウンジャケットを自宅で洗濯した後にペチャンコになってしまうことのないようにしっかり乾燥させるようにしましょう。

洗濯したダウンジャケットの中の羽毛をしっかり乾かすために、乾燥機を使用するとしっかり乾燥させることができます。

クリーニングに出すよりも手間はかかってしまいますが費用を抑えて洗うことが出来ます。ドラム式乾燥機の時にかかる温風が羽毛をほぐしてくれるのでふわふわになります。ふっくらすることでダウンの保温性も高くなります。

洗濯したダウンを乾燥機でふわふわに仕上げるコツ

自宅で洗濯したダウンジャケットを乾燥機でふわふわに仕上げるためには、テニスボールを2~3個入れるとふわふわに仕上がります。

出来るだけ低温で30分くらい乾燥させるようにします。

コインランドーの乾燥機は高温なので、かけすぎてしまうと生地や羽毛を傷めてしまう可能性があります。10分置きに必ず確認するようにしましょう。ダウンジャケットの場合は20分かけるとふわふわの仕上がりになります。

テニスボールが乾燥機の中で跳ねるのでダウンジャケットの表面が叩きあげ羽毛を均等にしてくれます。中の羽毛が空気を含むのでふっくらした仕上がりになります。

洗濯後のダウンを乾燥機で乾かすときの注意点

ダウンジャケットを自宅で洗濯した後、ちょっとしたポイントに気をつけると買った時と同じようにふわふわの状態に仕上がります。

自宅で洗濯したダウンを乾燥させるためにはどのようなことに気をつけるといいのでしょうか。

  • ファスナーをしっかりして裏返しにする。
  • 乾燥機の温度設定は低温にする。
  • 乾燥をかけ始めてから、10分置きに乾き具合を確認する。

自宅に乾燥機がない場合はコインランドリーの乾燥機を使うとあっという間にダウンを乾かすことができます。

ダウンを洗濯して失敗しないためのポイント

寒い季節に大活躍したダウンジャケットを自宅で洗濯する人も多くなりました。自宅で洗濯をする場合いくつかの注意点さえしっかり守ると失敗せずダウンジャケットを綺麗に洗うことができます。ダウンジャケットを自宅で洗濯して失敗しないためはどのようなことに注意するといいのでしょうか。

まず洗う前に洗濯表示を確認します。洗濯機マークや手洗いマークの表示があると自宅で洗うことが出来ます。そしてダウンジャケットのファスナーはしっかり閉めます。襟元や袖口、ファスナー部分は汚れやすいので前処理を行って置きましょう。その後手洗い又は洗濯機で洗濯をします。

まずダウンジャケットを自宅で洗濯して失敗してしまう原因の1つが乾燥です。ダウンのボリュームが戻らない原因は乾燥が十分されていないことです。羽毛は空気を含み、その空気が断熱剤の役割を果たすので暖かいのです。そのためボリュームを元に戻すためには乾燥をしっかりすることです。

ダウンジャケットを乾かす場合、中にある羽毛をしっかりと乾かすことが大切です。

乾燥機が自宅にない場合や使わない場合は、脱水した後にジャケットを手で叩き、中の羽毛の偏りをなくします。自然乾燥させると十分に乾燥することが出来ず、ダウンのボリュームが元に戻らない可能性もあります。

料金はかかってしまいますが、乾燥機を使い乾燥させると中の羽毛までしっかりと乾燥するのでふわふわになるので乾燥機を使うことをおすすめします。

ダウンを洗濯した後は大切に保管しましょう

綺麗に自宅で洗濯をした後はしっかり保管することも長く着るための秘訣になります。ダウンジャケットを保管する場合は、湿気に注意しましょう。梅雨時期や夏は湿気多くなるので、除湿剤やエアコンなどを上手に使いましょう。

又クリーニングに出すと、ビニールの袋がかかって戻ってきます。戻ってきたらすぐにビニールは外しましょう。ビニールをかけたままにしていると通気性が悪いので湿気が溜まりやすく、カビの原因になるので必ずビニールは外して保管することをおすすめします。
ダウンジャケットを自宅で保管する場所は、湿度が低く、日光が当たらない場所で保管します。羽毛は虫がつきやすいので、保管する場合は防虫剤と乾燥剤を一緒に使いましょう。何ヶ月もクローゼットの中に保管していると、臭いがついてしまったり、カビが発生してしまうこともあるので、夏に陰干しをしておくと冬に気持ちよく着ることができます。
どうしてもダウンジャケットに袋をかけたい場合は、不織布素材のカバーにしましょう。不織布素材なら通気性もよく埃からダウンジャケットを守ることができます。

他にも畳んで収納ケースにしまう方法もあります。ケースに入れるので、収納スペースがすっきり広くなります。ハンガーにかける衣類が多い場合は収納ケースをおすすめします。