アイロンの温度表示の見方と素材別の最適温度・かけ方を解説

自分でアイロンをかけるのが苦手な人や、どれくらいの温度でアイロンをかけたら良いのかわからない人もいますよね。衣類の洗濯表示を見ればアイロンのかけ方がわかりますが、そもそも表示の見方や意味がわからない人もいるのではないでしょうか。

アイロンがけをするときは、衣類についている洗濯表示を確認してアイロンをかけるのがおすすめです。アイロンの表示を確認すれば、どのくらいの温度でアイロンがけをすれば良いのかチェックすることができますよ。

ここでは、衣類の洗濯表示に書かれている表示の見方と、素材別のアイロンの最適温度についてご紹介します。洗濯表示を確認して、上手にアイロンがけをしましょう。

洗濯表示は変更になりました。新旧の表示ごとに、アイロンマークについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイロンでワッペンが剥がれるときの対処法や上手な付け方とは

アイロンはワッペンが剥がれるときにも使うことができます。せっかくアイロンを使って付けたワッペンですが...

洗濯物を乾かすアイロンの速乾技!簡単で仕上がりもふわっと

洗濯物を早く乾かすためにはアイロンが使えるのを知っていますか?アイロンを使った洗濯物の速乾方法と...

アイロンのかけ方!ワイシャツに自分でアイロンがけをするコツ

旦那様のワイシャツに綺麗にアイロンをかけたいと思っている奥様の中には、アイロンのかけ方がわからずに、...

アイロンの温度はマークの表示に従って設定すれば問題なし

アイロンの温度はマークの表示によって、衣類にとっての最適な温度設定がわかるようになっています。しかし...

最適なアイロンの温度は?綿素材をキレイに仕上げるコツとは

アイロンの温度について、綿素材のものでも特に大切にしている洋服だと、かけるときの温度設定に悩むかもし...

アイロンの温度は素材や表示で設定して効率アップのかけ方とは

アイロンの温度は素材によって設定をしなければなりませんが、アイロンがけが初めての人やアイロンがけが苦...

アイロンの使い方【スチームの効果】初心者向きのコツや注意点

アイロンの使い方には、スチーム機能があります。スチームアイロンはシワを短時間で取り除くことができるの...

洗濯物が乾かない!すぐに乾かしたい時はアイロンを使ってみよう

今日着ていきたいのに、洗濯物が乾いていない!そんな事ありませんか?生乾きの服を着るのは、冷たくて気持...

アイロンの使い方は服に合わせて基本やコツと注意点とは

アイロンの使い方は服の種類や素材によって違ってきます。アイロンがけの初心者であれば、まずはアイロンの...

アイロンワッペンの作り方!お子様が喜ぶワッペンを手作り

お子様の洋服やレッスンバッグなどにワッペンを使う方も多いと思います。しかし、手芸店に行って驚くの...

当て布をしてかけるアイロンのやり方とは?アイロンの使い方

当て布を使ってアイロンをかけるときのやり方はどのようにしたらいいのでしょうか?アイロンをかけ...

スポンサーリンク

洗濯表示が変更に!アイロンの温度表示について

洗濯表示は2016年12月から新しいものに切り替わりました。
アイロンのかけ方についてのマークも新しいものが使われるようになり、洗濯表示の分類や解釈なども変更となっている部分が多くあります。

その中でアイロンの表示についてお話しますが、以前はアイロンのマークに日本語で温度の指示のあるものが使われていましたが、新しいマークではアイロンマークにドットマークで温度を示す形に変わりました。

アイロンマークのアイロンの部分に点が…と3つあると底面温度200℃を限度としたアイロン仕上げになり、そこから点が減っていくとアイロンの温度を下げてアイロンをすることになります。

アイロンにバツ印があるものはアイロンを掛けてはいけない素材を知らせています。

切り替わってから購入した服は新しい表示がついていると思いますが、切り替わる前に購入したお洋服については古い表示のままのものがあると思いますのでそれぞれの表示に従ってアイロンがけなどを行うことになります。

アイロンの温度表示の見方・旧洗濯表示の場合

新しい表示についてはどんなものかお話しましたが、古い洗濯表示のアイロンのマークについてはどんな物があるのか、ということも知っておいたほうが今後のお洗濯に役立ちます。

どんな物があったのか思い出してみましょう。

旧洗濯表示のアイロンマークについて

新表示も旧表示もアイロンのことについてはアイロンの形のマークを使用しています。
少し変更されているので形が少し違います。
それぞれアイロンマークの中に日本語かドットで温度が示されています。

旧表示はアイロンマークの中に日本語で指示があります。

  • 高アイロンマーク
    アイロンの温度が210℃までを限度としており、180℃~210℃まででアイロンをかけるのがよいとされるお洋服であるという表示です。
  • 中アイロンマーク
    アイロンの温度が160℃までを限度としており、140℃~160℃まででアイロンをかけるのがよいとされるお洋服であるという表示です。
  • 低アイロンマーク
    アイロンの温度が120℃までを限度としており、80℃~120℃まででアイロンをかけるのがよいとされるお洋服であるという表示です。
  • バツアイロンマーク
    アイロンにバツ印が表示してあるマークです。
    アイロンがけが出来ないお洋服であるという表示です。

これらの表示が旧表示となっています。
新しいものとは表示が異なりますのでご注意ください。

新洗濯表示のアイロンの温度表示について

旧表示についてはわかっていただけたかと思います。
では新表示はどんな意味を持っているのかということも頭に入れておきましょう。

新洗濯表示のアイロンマークについて

新表示になると温度指示が日本語ではなく点で示される形になります。

  • 3点アイロンマーク
    アイロンの底面温度が200℃を限度としてアイロン仕上げが出来る衣類であることを示す表示です。
  • 2点アイロンマーク
    アイロンの底面温度が150℃を限度としてアイロン仕上げが出来る衣類であることを示す表示です。
  • 1点アイロンマーク
    アイロンの底面温度110℃を限度としてアイロン仕上げが出来る衣類であることを示す表示です。
  • バツアイロンマーク
    アイロンマークの上からバツ印がなされています。アイロンがけの出来ない衣類であることを示しています。

新表示は旧表示とマークの意味が若干違っています。
アイロンの温度やどこの温度かなどの指定が入っているので旧表示との区別をしっかりと行いましょう。

アイロンをかける時の素材別の最適温度

アイロンを掛けるときはふたつのタイプのアイロンのどちらが向いているのか、お洋服の素材によってどのくらいの温度が適温なのかなどいろいろな対処法があります。

まずはふたつのアイロンのどちらが適している素材のお洋服なのか、から見ていきましょう。

洋服の素材に適したアイロン一覧

スチールアイロン向きの衣類

  • 薄手の綿製品
  • セーター
  • スーツやスカート、制服のパンツなど
  • ウール

 

ドライアイロン向きの衣類

  • 合織(ポリエステルなど)
  • 綿や麻

 

素材によってどちらのアイロンが適しているのかわかったら、今度はそれらの衣類にどれくらいの温度が適しているか見てみましょう。

  • 温度 高
    洗濯表示に高い温度設定となされているものはこの温度でアイロンをかけます。
    素材としては綿や麻などがこの温度を設定されていることが多いです。
  • 温度 中
    洗濯表示に中温度指定のあるものがこの温度でのアイロンがけをします。
    素材としてはウールやレーヨン、絹、ナイロン、ポリエステルなどです。
  • 温度 低
    洗濯表示で低温度指定のあるものがこの温度でのアイロンがけをします。
    素材としてはアクリルや汗レート、ポリウレタンなどです。

洗濯表示も見つつ素材の特徴も知ったうえで、アイロンがけをしていくと衣類を長持ちさせられますし、トラブルも少なくなりますよ。

アイロンの温度表示を見て上手にアイロンがけを

衣類のアイロンがけを行うときは洗濯表示の温度表示を守るのと同時に、4つのポイントを守ることで上手にアイロンがけを行うことが出来ます。

アイロンがけを上手に行うための4つのポイント

  • スチームアイロンではなく霧吹きを使ってやる。
    ワイシャツのアイロンがけなどは霧吹きをかける下準備をしてアイロンがけをすると上手にかけられます。
    全体的にまんべんなく水分を散らし、アイロンがけをするのが上手に行う秘訣です。
    霧吹きの水分粒子はスチールアイロンで出る粒子ほど細かくないので、洋服の繊維全体に水分をしっかりと行き渡らせることが出来るのです。
  • アイロンがけは両手で行う。
    生地全体を両手でおさえて生地にある細かなシワまで取れるようにアイロンがけをしていきます。
    アイロンを持っている手とは反対の手で、ワイシャツなどをアイロンをかけているのとは反対の方向に引っ張りつつかけていくとシワが取れやすいです。
  • 狭い部分が順番にかけていく。
    生地が厚い部分や袖口、襟などは最初にかけるとうまくいきます。
    さらにその狭い部分とつながっている箇所は同じタイミングでアイロンがけをしていくとよりアイロンを効果的に使用できます。
  • アイロンは直線的に動かす。
    アイロンをかける時は直線的な動きを意識してアイロンをかけていきましょう。
    曲線的に動かしてしまうとシワを増やしてしまうだけでなく、生地をよれさせてしまったりするので、直線的に動かすことを意識してアイロンをかけてみてください。

これらのポイントと温度表示を頼りにアイロンをきれいにかけていきましょう。
しっかりとアイロンを掛けた衣服を身に着けていると気分もさっぱりするので、ポイントを抑えてよりきれいにアイロンをかけられたお洋服を着ていけるといいですね。