ポリエステルの服を洗濯しようと思ったら「水洗い不可」の表示が

ポリエステルは合成繊維のひとつで、強度に優れ速乾性も高いので、多くの服の素材として使われています。
そんな強いはずのポリエステルを洗濯しようと思った時に、洗濯表示を見たら「水洗い不可」と書かれていることがあります。
それはどういった理由から表示されているのでしょうか。
また、「水洗い不可」の表示があるポリエステル製品が汚れてしまった時の対処法はどのようにしたら良いのでしょうか。
そんなポリエステルの服などについてのアレコレをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯表示に手洗い表示があるときの洗濯のやり方とポイントを解説

洗濯表示に手洗いのマークがあったら、知識がない人はどのように洗濯をすれば良いか悩みますよね。洗濯表示...

洗濯機でドライ表示の衣類を洗ってみよう!洗い方と注意点

2016年に衣類の洗濯表示が変わり、わかりにくいと感じる人も多いでしょう。しかし、ドライ表示...

洗濯表示に手洗いマークがある時の洗濯方法!ドライコースで洗濯

洗濯表示に「手洗い」のマークがあっても、洗濯機のドライコースを使えば自宅で洗濯をすることができます。...

セーターを洗濯するときの洗剤とは?セーターの洗い方

セーターを自宅で洗濯するときにはどのような洗剤を使えばいいのでしょうか?セーターやニットなど...

洗濯表示がドライセキユ系の意味や自宅で洗う方法と注意点

洗濯表示がドライセキユ系のマークの衣類は家で洗うことができるのか心配になりますよね。洗って失敗しない...

洗濯物にドライマークがあるときの洗剤選びと洗濯方法・注意点

洗濯をしようと衣類を確認した時、ドライマークの洗濯表示がついていたときは、自宅で洗濯ができないと考え...

洗濯表示のドライマークの意味!家庭で洗濯できる衣類の洗濯方法

衣類のお洗濯をするときは、洗濯表示を確認してからお洗濯をしますが、ドライマークの洗濯表示の意味につい...

洗濯表示が新しくなりました『F』と『W』が表すこととは

洗濯表示が新しくなったこと、ご存知ですか?洗濯表示は、ほとんど確認しないズボラな性格ですが、...

洗濯表示のドライセキユ系マークの意味と洗い方を解説

洗濯をするとき、衣類についているタグの洗濯表示を確認すると「ドライセキユ系」マークが。このマークの意...

洗濯表示の変更で古い表示はどうなるのかと変わった点を紹介

洗濯の表示が変わりました。古い洗濯表示が使われるのは平成28年11月30日まで、新しい洗濯表...

毛布を自宅で洗濯する場合の洗剤は?洗濯時の注意点

毛布を自宅で洗濯している方は少なくありません。しかし初めて毛布を洗濯する際には、どのようにしたら良い...

洗濯表示のドライ・セキユ系マークの意味と衣類の洗濯方法を解説

洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したとき、ドライ・セキユ系のマークがついていたら、家庭で洗濯をする...

洗濯はドライマークにバツでもできる!自宅で上手に洗うコツ

洗濯表示のドライマークにバツがついている洋服はどのように洗濯したらいいのか悩んだことはありませんか?...

洗濯マークの手洗い表示について、手洗い可なら水で洗えます

洗濯マークが変わりました!手洗いの表示は今まで『手洗い』とたらいに水がたまっている絵とともに...

スポンサーリンク

ポリエステルを洗濯したくても水洗い不可な理由

ポリエステルは、生地が強く耐久性にとてもすぐれているので、洗濯しやすいのが特徴的です。

また、速乾性があるので、洗濯後も早く乾きます。

化学繊維のため、虫が付きにくく、長期保管しても、虫食いの被害に合わないというのも特徴の一つです。

伸縮性があるので、シワになりにくく、シャツやブラウスなどもポリエステル製が多いです。

良いところがたくさんあり、自宅での洗濯にも向いているポリエステルですが、中には水洗いができないものもあります。

ポリエステルが100%のものは、色落ちしやすい傾向にあり、水洗いができない場合があります。

また、本体生地は洗えても、服に付けられている付属品の都合で水洗い不可になっている事もあります。

水洗い不可のマークが付いている物は、なるべく自宅での洗濯は避け、クリーニング店に持っていくのが理想です。

水洗い不可でもポリエステルの服を洗濯する方法

水洗い不可だと、全く洗濯できないのか、心配になってしまいますよね。

ですが、着用した服を全く洗濯しないわけにはいきません。

一番確実なのは、クリーニングに出す事です。

プロのクリーニング店に頼めば、水洗い不可の洋服でも、綺麗に洗濯してくれます。

クリーニング店に頼みたいのは山々だけど、費用が…と悩む方もいるでしょう。

水洗い禁止のマークがついていても、慎重に丁寧に洗えば、自宅での洗濯も可能です。

自宅で洗濯する場合、大切なのが洗剤選びです。

洗剤はいわゆる「おしゃれ着洗い用」を選びましょう。

蛍光剤を配合していない、無蛍光のものであることが大切です。

洗剤をきちんと選ぶ事で、服の色褪せや劣化を最小限にとどめる事ができます。

洗濯機を使う場合は、コースの選択が大切です。

普通のコースで洗うのではなく、手洗いコースやおしゃれ着洗いなど、優しく洗ってくれるコースを選びましょう。

水洗い不可ではないポリエステルの服を洗濯するポイントは

ポリエステルとは、石油を加工して作った化学繊維の事です。

軽くて丈夫な素材なので、世界中で愛用されています。

シワになりにくい素材なので、アイロンをかけずに着られるのも特徴です。

日光や熱にも強く、洗濯で縮む事もありません。

一方で、黒ずみや毛玉ができやすかったり、静電気がおきやすい事がデメリットです。

水洗い可能なポリエステルの服は、洗濯機で洗って大丈夫です。

シミや襟元など、汚れが気になる部分には、直接洗濯洗剤をつけて数分置いてから洗濯すると汚れが落ちやすくなります。

ポリエステルには、汚れやすいという特徴があるので、他の洗濯物の汚れが移ってしまう事があります。汚れの目立つものとは一緒に洗わないほうが良いでしょう。

もともと縮みにくい生地ですが、熱に弱いので、乾燥機にかけると縮む可能性があります。

速乾性もあるので、できるだけ自然乾燥を心がけましょう。

ポリエステル以外にも洗濯で水洗い不可になりやすい素材

洋服についている取り扱いタグを確認して、洗濯たらいにバツ印が書かれているものがあったら、それは水洗い不可のマークです。

自宅で洗濯する場合は、水を使う以外に方法はありません。

そのため、水洗い不可のマークがついていたら、クリーニング店に持っていくのが一般的です。

水洗い不可になりやすい生地が、ウールなどの天然繊維です。

羊の毛を原料としているウールは、水に塗れると縮んでしまうと言われています。

一度縮んでしまうと元に戻るのは難しく、固くフェルト状になってしまう事があるため、水洗い不可となっています。

他にも、革ジャンなど、本革でできた製品は水洗い不可になりやすいです。

革製品は、水に濡れると変色したり、型崩れしやすくなってしまいます。

洗濯機に入れてしまうと、シワができて取れなくなったり、ひび割れてしまう事もあるので、クリーニングがおすすめです。

水洗い不可のマークは、アパレルメーカーが品質事故のリスクを低くするために、本当に丈夫な衣類以外に付けることが多いようです。

そのため、丁寧に扱えば自宅でも洗濯できる物はたくさんあります。

水洗い不可なポリエステルの帽子を洗濯する方法は

帽子の洗濯に悩んでいる方、たくさんいるのではないでしょうか?

頭皮のニオイや汗を吸い込んだ帽子は、洗濯したいけど、方法が分からないという人が多いと思います。

お気に入りの帽子を長く綺麗に被るために、定期的に帽子のケアを行いましょう。

まず、お子様の体育帽子などはネットに入れて洗濯機で洗いましょう。

洗濯機に入れて洗うのが心配な帽子は、手洗いをしましょう。

洗面器に中性洗剤とぬるま湯を入れて、その中に帽子を入れて洗います。

汗をかきやすい帽子の内側は、入念に洗いましょう。

洗い終わったら、しっかりとすすぎをします。

型崩れを防ぐため、あまり強く絞らずに、ある程度水気が切れたらバスタオルなどに包んで、軽く押しながら水気を取りましょう。

最後に、平らなところの日陰に干して乾かします。

干す時に、帽子の型崩れが気になる場合は、調理用のザルを使うのがおすすめです。

ザルはメッシュ状になっているので、通気性が抜群で、帽子を干すのにはピッタリです。

サイズもたくさんあるので、帽子に合ったサイズのザルを使いましょう。

帽子をこまめに洗うのは大変ですが、シーズンの終わりには、一度綺麗にしてあげる事が必要です。