セーターを洗濯するときの洗剤とは?セーターの洗い方

セーターを自宅で洗濯するときにはどのような洗剤を使えばいいのでしょうか?

セーターやニットなどに使える洗剤だとしても、洗い方をきちんと守らなければ縮んでしまったり、伸びてしまったりしてしまう原因となります。

セーターのおすすめの洗い方は手洗いですが、洗濯機で洗う場合もこのようなことに気をつければ失敗しないでできるはずです。セーターの洗い方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯表示のドライ・セキユ系マークの意味と衣類の洗濯方法を解説

洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したとき、ドライ・セキユ系のマークがついていたら、家庭で洗濯をする...

洗濯機でドライ表示の衣類を洗ってみよう!洗い方と注意点

2016年に衣類の洗濯表示が変わり、わかりにくいと感じる人も多いでしょう。しかし、ドライ表示...

洗濯マークの手洗い表示について、手洗い可なら水で洗えます

洗濯マークが変わりました!手洗いの表示は今まで『手洗い』とたらいに水がたまっている絵とともに...

洗濯物にドライマークがあるときの洗剤選びと洗濯方法・注意点

洗濯をしようと衣類を確認した時、ドライマークの洗濯表示がついていたときは、自宅で洗濯ができないと考え...

洗濯表示のドライマークの意味!家庭で洗濯できる衣類の洗濯方法

衣類のお洗濯をするときは、洗濯表示を確認してからお洗濯をしますが、ドライマークの洗濯表示の意味につい...

洗濯表示が新しくなりました『F』と『W』が表すこととは

洗濯表示が新しくなったこと、ご存知ですか?洗濯表示は、ほとんど確認しないズボラな性格ですが、...

洗濯表示に手洗い表示があるときの洗濯のやり方とポイントを解説

洗濯表示に手洗いのマークがあったら、知識がない人はどのように洗濯をすれば良いか悩みますよね。洗濯表示...

ポリエステルの服を洗濯しようと思ったら「水洗い不可」の表示が

ポリエステルは合成繊維のひとつで、強度に優れ速乾性も高いので、多くの服の素材として使われています。...

洗濯表示の変更で古い表示はどうなるのかと変わった点を紹介

洗濯の表示が変わりました。古い洗濯表示が使われるのは平成28年11月30日まで、新しい洗濯表...

洗濯はドライマークにバツでもできる!自宅で上手に洗うコツ

洗濯表示のドライマークにバツがついている洋服はどのように洗濯したらいいのか悩んだことはありませんか?...

洗濯表示のドライセキユ系マークの意味と洗い方を解説

洗濯をするとき、衣類についているタグの洗濯表示を確認すると「ドライセキユ系」マークが。このマークの意...

洗濯表示がドライセキユ系の意味や自宅で洗う方法と注意点

洗濯表示がドライセキユ系のマークの衣類は家で洗うことができるのか心配になりますよね。洗って失敗しない...

毛布を自宅で洗濯する場合の洗剤は?洗濯時の注意点

毛布を自宅で洗濯している方は少なくありません。しかし初めて毛布を洗濯する際には、どのようにしたら良い...

洗濯表示に手洗いマークがある時の洗濯方法!ドライコースで洗濯

洗濯表示に「手洗い」のマークがあっても、洗濯機のドライコースを使えば自宅で洗濯をすることができます。...

スポンサーリンク

セーターを洗剤で洗濯したい!洗えるもの・洗えないもの

セーターを自宅で洗濯する際、気になるのことは縮んでしまったり、伸びてしまったりしてサイズが変わってしまうことではないでしょうか。

市販の洗剤で洗濯したいけど、どんなものを選べば良いのか難しいところだと思います。

そもそもセーターは自宅で洗濯しても良いものなのでしょうか?

お持ちのセーターが自宅で洗濯できるかできないかは、セーターに付いている洗濯表示を確認してください。

「たらいにバツ印」のマークがついているセーターは家庭での洗濯禁止のマークです。

「たらいに手」のマークがついていたら、手洗いでの洗濯を推奨しています。

それ以外は、洗濯機で洗っても問題ありません。

家庭での洗濯禁止のマークがついている場合は、クリーニング店に持っていくようにしましょう。

ビジューやスパンコールなどの装飾がついているものや、カシミアやウールなど高価なものも、クリーニングに出すのがおすすめです。

セーターを購入の際に「ウォッシャブル」と謳っているものは自宅での洗濯が可能です。
ですが、ゴシゴシ普通の洗濯物と一緒に洗うのはあまりおすすめできません。

セーターの洗濯の最大のポイントは【優しく・丁寧】に洗うことです。

セーターを自宅で洗濯するときに使う洗剤について

セーターの洗濯には、中性洗剤を使用してください。

いわゆる「おしゃれ着洗い用」の洗剤です。

おしゃれ着洗いにも弱アルカリ性の洗剤もあるので、きちんと確認して、なるべく中性洗剤を選ぶようにしましょう。

目立つシミや汚れは、ぬるま湯と中性洗剤を使って事前に予洗いしましょう。

しつこい汚れに漂白剤を使用する場合は、一度目立たない部分で試してから使用するようにしてください。

セーターは基本的に色落ちしやすいので、個別で洗うか同系色のものでまとめて洗いましょう。

柔軟剤を入れるタイミングは、普通の洗濯と一緒で、すすぎの段階で柔軟剤を入れてすすぎます。

手洗いの場合もタイミングは同じです。

洗剤と柔軟剤を上手く使えば、優しい香りでふんわりと仕上げることができます。

セーターを洗剤で洗濯する時のポイント

水洗い可能なセーターは、ほとんどの場合洗濯機で洗っても問題ありません。

ただし、洗濯機に優しく洗えるコースがある場合に限ります。

洗濯機には色々なコースがあります。

標準コースやスピードコースなどは、優しく洗うコースではありません。

洗濯機のメーカーによって名称が異なりますが、手洗いコースやおしゃれ着コース、ドライコースといった名称があれば、それは優しく洗うコースです。

洗濯機でセーターを洗う場合は、必ず優しく洗うコースを選択してください。

また、セーターはきちんと畳んで、洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れてください。

ネットに入れる際は、セーターを裏返して、汚れが目立つ部分を表に出るように畳みます。

ボタンが付いているセーターはボタンを留めてから洗いましょう。

おしゃれ着洗い用の洗剤と柔軟剤を使って、ふんわり洗い上げましょう。柔軟剤には、静電気を予防する効果もあります。

ゴシゴシ洗いはNG!セーターは優しく洗濯するのがコツです

セーターは、洗濯によるダメージを非常に受けやすい衣類です。

他の衣類と一緒に洗濯機の標準コースで洗ったり、汚れが気になる部分をこすり合わせたりするのは絶対にやめましょう。

ゴシゴシ洗うと、伸びたり縮んだりしてしまうのはもちろん、毛玉ができてしまい、せっかくのセーターが台無しになってしまいます。

洗濯によるダメージを最小限に減らすためには、正しい洗濯ネットを使う事が大切です。

洗濯ネットは種類が豊富で、サイズもたくさんあります。

セーターの洗濯に最適な洗濯ネットは、ネットの目が細かく、セーターを畳んだ状態より一回り大きいサイズのものです。

100円ショップなどで手軽に購入できるので、自分のセーターに合った洗濯ネットを探してみてください。

また、洗濯機で洗う場合は、脱水の時間に注意が必要です。

脱水の時、衣類にはかなりの負荷がかかります。

長時間の脱水は、セーターを痛める原因です。

30秒~1分間ほどの脱水にして、バスタオルでタオルドライする事がおすすめです。

セーターを洗濯した後はこうして乾かしましょう

セーターの洗濯が終わったら、乾かし方にもコツがあります。

セーターを乾かす際は、なるべくハンガーを使わない事がおすすめです。

セーターをハンガーに掛けてしまい、変な跡がついてしまった経験がある人は多いのではないでしょうか。

洗濯後の水分を含んだセーターは、重みを増しています。

重たいセーターをハンガーに掛けてしまうと、跡がつくのは当然です。

セーターを保管するときも、ハンガーに掛けてはいけません。

畳んで収納しましょう。

セーターを干すときは、日陰に平干しがおすすめです。

直射日光はセーターの生地を傷める可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

平干しができない場合は、竿に二つ折りの状態でそのまま干す方法があります。

その時に、袖をたらさないようにすることがポイントです。

袖をたらしてしまうと、型崩れの原因になります。

また、ピンチハンガーの上に広げて干すのもおすすめです。

セーターの洗濯は、ポイントを押さえれば、失敗する事はありません。お気に入りの大切なセーターなどは、クリーニング店に出すなど、セーターのデリケート具合で洗濯方法を変えるのが良いでしょう。