ジーンズの洗濯に柔軟剤を入れる効果と失敗しないための注意点

ジーンズの洗濯には、柔軟剤を入れるべきかお悩みのあなた。
お気に入りのジーンズの洗濯を失敗しないためにも、洗濯の仕方や洗剤の選び方は重要になります。
柔軟剤は、繊維を柔らかくする効果や嫌な臭いを防ぐ効果があるので、ジーンズの洗濯には必要なのか気になりますよね。

ここでは、そんな疑問に対してジーンズの洗濯について、柔軟剤を入れることの効果や注意点、ジーンズの洗濯に柔軟剤が必要かどうかの判断などお答えしていきます。

これで、ジーンズを洗濯する際に悩まなくなりますし、失敗せずに洗濯することもできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズとの洗濯で色移りしたときの落とし方と予防する洗濯方法

ジーンズの洗濯で色移りを発見したら、とてもショックですよね。もしも、お気に入りの洋服にジーンズの色移...

ジーンズの洗濯頻度について!長く使うためのベストなタイミング

ジーンズの洗濯頻度については、人によって履く回数や汚れ具合によっても違います。お気に入りのジーン...

ジーンズの洗濯は裏返して正しく洗って長持ちさせよう

ジーンズの洗濯は裏返して洗うのがオススメです。裏返して洗うことで色落ちやダメージを防ぐこともできるの...

ジーンズの洗濯機でのコース選びやダメージを減らす洗い方のコツ

ジーンズを洗濯機で洗うときにコースはどれを選んだら正しいのでしょうか?ジーンズは洗い方に気を付けない...

ジーンズの洗濯、色落ち防止のコツや色止め対策で安心洗濯

ジーンズの洗濯は色落ち防止の工夫をした洗い方をすれば、お気に入りのジーンズでも色落ちせずに洗濯するこ...

ジーンズ【洗濯機の洗い方】正しく洗うコツで失敗しない

ジーンズの洗濯機を使った洗い方には注意したいポイントがあります。ジーンズを洗濯機で洗うときにそのポイ...

ジーンズの洗濯で使える洗剤選びのコツ、ダメージを防ぐポイント

ジーンズの洗濯には洗剤選びも重要です。ジーンズの洗濯に適した洗剤を選んで色落ちやダメージを防いだ洗濯...

ジーンズの洗濯は色落ちを防ぐ洗い方のコツや干し方がオススメ

ジーンズは洗濯によって色落ちしてしまいます。大切なジーンズを自宅で洗うときには、できるだけ色落ち...

ジーンズが洗濯で縮む理由と長持ちさせて縮みを防ぐ洗濯方法

ジーンズは洗濯することで縮むことがあります。では、どうしてジーンズは洗濯によって縮んでしまうのでしょ...

スポンサーリンク

ジーンズを洗濯するときに柔軟剤を入れると履きやすくなる

ジーンズは色々なコーディネートに合わせやすく、履きやすいので色々な年代の人が履いています。
しかし、洗濯すると色落ちや縮みなどのトラブルも発生してしまいます。

お気に入りのジーンズの洗濯を失敗しない方法や柔軟剤について紹介します

  • ジーンズは普通の水で洗いましょう。
  • お湯を使って洗うと塗料の質が落ちてしまうので、温水で洗うの避けましょう。
  • 使用する洗剤は中性洗剤や洗濯石鹸がおすすめです。
  • 汗をかいていない状態の汚れの場合は水洗いだけでも大丈夫です。
  • 柔軟剤を使うことでジーンズのパリパリした感触が和らぐので履きやすくなります。
    柔軟剤は履き始めのジーンズでも履き心地がよくなるのでオススメです。
    柔軟剤を入れすぎると衣類に成分が残ってしまい吸水性の低下やべたつきの原因になるので適量を守りましょう。

ジーンズの洗濯に柔軟剤を入れたら消臭効果もアップ

柔軟剤には衣類を柔らかく仕上げる効果があります。柔軟剤に含まれている柔軟成分が繊維につくと、表面がなめらかになるので肌触りがよくなります。又柔軟剤には衣類を柔らかく仕上げる、香りづけだけではなく、消臭や防臭の効果もあります。

衣類には汗の臭いや、食べ物やタバコの臭いがついてしまいます。部屋干しの臭いなど衣類につくと嫌な臭いがついてしまいます。柔軟剤をつかうことで、臭いの原因となる菌の繁殖を防いでくれます。目的に合わせて柔軟剤を使い分けるようにしましょう。

ジーンズを洗濯し、仕上げに柔軟剤を入れるとより着心地のいい服になり、消臭効果もアップします。柔軟剤を使い洗濯した衣類は洗剤だけ洗濯した物と比べると早く乾きます。部屋干しが多い場合は、柔軟剤を使うことをオススメします。

柔軟剤によってジーンズの生地の特質が変わる場合も

誰しもお気に入りのジーンズがありますよね。
デニム生地の質感は硬質なものなので、繊維に柔軟性を与える柔軟剤を使用するとデニム生地の特質が変わってしまう可能性もあります。

部分洗いにすると臭いが気になります。香りつきの重曹を洗う前にジーンズにふりかけておきましょう。重曹にお好みのエッセンシャルオイルを15滴ほど加えよく混ぜます。ぬるま湯に溶かすと泡立ちがよくなるので、洗剤の量も少ない量で洗濯をすることができます。重曹は不快な静電気も防いでくれるので空気が乾燥する時期にはおすすめです。

重曹を使用する場合は取扱にも注意しましょう。水温は30~40度のぬるま湯で使用すること。重曹は湿気に弱いので容器と保管場所がポイントになります。

環境にも優しい重曹を柔軟剤の代わりに使用してみましょう。

ジーンズの洗濯を失敗しないための注意点

みなさんはどのくらいの頻度でジーンズを洗濯していますか?ジーンズが色落ちするので、極力洗わないという人も多いのすよね。洗わないとジーンズには皮脂や埃が蓄積されるので、状態が悪くなります。長い間洗濯しないと汚れ落ちが悪くなるので、洗濯して綺麗にしましょう。

ジーンズは洗濯の仕方で持ちが違うので洗い方には注意が必要

  1. 準備
    ジーンズの生地を傷めないために、ボタンやチャックはすべて閉めます。裏返し洗濯ネットに入れます。色の濃いジーンズは色落ちの危険性があるので洗濯する場合は単独で洗いましょう。ジーンズを洗濯した後は、乾燥機の使用は避けましょう。ジーンズの素材が天然素材である綿は、乾燥機を使用すると縮んでしまう可能性があります。
  2. 洗濯機の設定
    水温は高くない方が生地にはいいです。入浴直後に残り湯を使い洗濯することは避けましょう。
  3. 洗剤、柔軟剤選び
    変色を避けるためには、漂白剤や蛍光増白剤の入っていない物にしましょう。色柄に対応出来る酸素系漂白剤でも、ジーンズによっては、色落ちしてしまうものもあるので注意しましょう。柔軟剤は履き始めのジーンズも履き心地をよくしてくれます。
  4. 形を整え陰干し
    洗濯が終わったら、ウエストや膝周りの中心に全体を縦横に引っ張り形を整えます。洗いシワを整えて置かないと、乾いた時に変なシワが付いてしまいます。直射日光に当ててしまうと、ジーンズは変色してしまう可能性があるので風通しのいい日陰に干します。ハンガーに通し筒状にして干しましょう。ジーンズは乾きにくいのでしっかり乾かしましょう。

ジーンズの洗濯する際の柔軟剤の使用は好みに応じて

多くの人が1着は持っているジーンズ。
実はジーンズは、作業着として作られました。
作業着を着る職業には、たくさんの汗をかくことから、汗が吸いやすい綿生地で工夫されて作られていることが多いです。

履く頻度によって洗濯する回数も異なりますが、夏は2~3週間に1度、冬でも1~2ヶ月に1度は洗濯するようにしましょう。衛生面を保つことで劣化を遅らせることができます。そのためは定期的な洗濯が必要になります。汗や皮脂で汚れているジーンズには、雑菌がたくさん繁殖します。そのため臭いが発生したり、生地にもダメージがでてしまう可能性もあります。生地が痛むと糸がもろくなり、破れがおきてしまうこともあります。

長持ちさせるためには定期的に洗濯しましょう。ジーンズを洗濯した後のゴワゴワ感じが好きな人もいます。そのような人は柔軟剤を入れずに洗いましょう。

ジーンズは正しい洗濯方法で、洗剤や柔軟剤を使用することで長く使用することが出来ます。