ジーンズ【洗濯機の洗い方】正しく洗うコツで失敗しない

ジーンズの洗濯機を使った洗い方には注意したいポイントがあります。ジーンズを洗濯機で洗うときにそのポイントに注意しないと、色落ちやダメージの原因にもなってしまうのです。

ここでは、そんな失敗したくないジーンズの正しい洗濯機での洗い方について、洗濯機を使ったジーンズの洗い方のコツやジーンズを洗濯機で洗うときの洗い方の注意点、ジーンズを洗うときの洗剤の選び方やタイミング、洗濯した後の正しい干し方などお伝えしていきます。

これで、お気に入りのジーンズも失敗せずに洗うことができるので、いつまでも長く楽しむことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズの洗濯は裏返して正しく洗って長持ちさせよう

ジーンズの洗濯は裏返して洗うのがオススメです。裏返して洗うことで色落ちやダメージを防ぐこともできるの...

ジーンズが洗濯で縮む理由と長持ちさせて縮みを防ぐ洗濯方法

ジーンズは洗濯することで縮むことがあります。では、どうしてジーンズは洗濯によって縮んでしまうのでしょ...

ジーンズの洗濯機でのコース選びやダメージを減らす洗い方のコツ

ジーンズを洗濯機で洗うときにコースはどれを選んだら正しいのでしょうか?ジーンズは洗い方に気を付けない...

ジーンズとの洗濯で色移りしたときの落とし方と予防する洗濯方法

ジーンズの洗濯で色移りを発見したら、とてもショックですよね。もしも、お気に入りの洋服にジーンズの色移...

ジーンズの洗濯頻度について!長く使うためのベストなタイミング

ジーンズの洗濯頻度については、人によって履く回数や汚れ具合によっても違います。お気に入りのジーン...

ジーンズの洗濯で使える洗剤選びのコツ、ダメージを防ぐポイント

ジーンズの洗濯には洗剤選びも重要です。ジーンズの洗濯に適した洗剤を選んで色落ちやダメージを防いだ洗濯...

ジーンズの洗濯、色落ち防止のコツや色止め対策で安心洗濯

ジーンズの洗濯は色落ち防止の工夫をした洗い方をすれば、お気に入りのジーンズでも色落ちせずに洗濯するこ...

ジーンズの洗濯は色落ちを防ぐ洗い方のコツや干し方がオススメ

ジーンズは洗濯によって色落ちしてしまいます。大切なジーンズを自宅で洗うときには、できるだけ色落ち...

ジーンズの洗濯に柔軟剤を入れる効果と失敗しないための注意点

ジーンズの洗濯には、柔軟剤を入れるべきかお悩みのあなた。お気に入りのジーンズの洗濯を失敗しないた...

スポンサーリンク

洗濯機を使ったジーンズの洗い方のコツとは

ジーンズは丈夫な生地から作られていますが、洗濯による色落ちや縮み、型崩れなど、洗濯することに何かと不安も感じるものでもあります。特にお気に入りのジーンズだと、やさしく手洗いしたくなりますが、ジーンズの生地は固くて厚め。なかなか手洗いをすることも難しいのではないでしょうか。

ジーンズを洗濯機で洗うときはちょっとしたコツを抑えておくことで、少しでも色落ちなどを防ぐことができます。

  • 裏返しにしてから洗う
    ジーンズを洗うときは裏返しにしてから洗うようにしてください。洗濯時に衣類同士が擦れることで色落ちが起きてしまいます。裏返しにしておくことで、表面の生地が擦れてしまうことを防ぐことができます。
  • 水で洗う
    お湯を使って洗うと色落ちや縮みの原因になります。ジーンズを洗うときは必ず水を使って洗うようにしましょう。乾燥機も使ってはいけません。
  • 洗剤に気をつける
    ジーンズを洗うときは、洗剤を使わずに水洗いをするか、デニム専用の洗剤を用意することをオススメします。おしゃれ着洗い用の洗剤を使うこともできます。おしゃれ着洗い用の洗剤は中性洗剤で、素材にダメージを与えないようにできています。代表的な商品にエマールやアクロンなどがあります。
  • ソフトコースを使う
    洗濯機の標準コースでは洗い方が強すぎて、色落ちを起こす心配があります。洗濯機のコースの中でもやさしい洗い方をするコースを選んでください。洗濯機のメーカーによって名称は変わりますが、ソフトコースや手洗いコース、ドライコースなどを選ぶと良いでしょう。
  • 洗濯ネットを使う
    ジーンズを洗濯ネットに入れてから洗うことで、色落ちを防ぐことができます。衣類が擦れることも防ぎますので、生地へのダメージを抑えることができます。

洗濯機で洗うジーンズの正しい洗い方

洗濯機でジーンズを洗うときの正しい方法です。

  1. ジーンズのファスナーやボタンをしめてから、裏返しにします。軽くたたんでから、洗濯ネットに入れてください。
    このとき、汚れが気になる部分を表面にくるようにネットに入れると、汚れを落としやすくすることができます。
  2. 洗濯ネットに入れたジーンズを洗濯槽に入れたら、洗剤をセットします。デニム専用の洗剤か、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を入れてください。洗剤なしでも大丈夫です。
  3. 洗濯機のやさしく洗うコースを選びます。ソフトコースや手洗いコース、ドライコースなどです。
  4. 脱水まで行ったら、シワにならないようにすぐに取り出してください。
  5. 日光が当たらない風通しの良い場所に干します。裏返しのまま干してください。

ジーンズを洗濯機で洗うときの洗い方の注意点

ジーンズは長い時間を水につけておくと、ジーンズのインディゴ染料も落ちやすくなってしまいます。ジーンズを洗濯するときに不安にもなる色落ちをさせてしまうことになりますので、洗濯の時間は極力短めにすることがポイントです。

洗濯機のソフトコースやドライコースを使って洗う他に、洗い方を自分で設定することもオススメします。
洗濯機の手造りコースやメモリーコースなど、自分で設定できるコースを選んだら、洗いを1分、すすぎを1回、脱水を1分に設定します。できるだけ水につけておく時間を短めにすることで、色落ちを防ぐようにします。

または、洗濯機にある時短コースなどの洗濯時間が10分程度で終わるコースを選ぶのも良いでしょう。洗濯を早く済ませることで、洗濯時に生地が擦れてしまうことを抑えるようにします。
ジーンズを洗濯するときは、やさしく洗うことも重要ですが、できるだけ短時間にすることもポイントです。

ジーンズを洗うときの洗剤の選び方やタイミング

ジーンズを洗うときは、洗い方の他にも使用する洗剤にも気をつけましょう。
通常の洗濯洗剤は弱アルカリ性でできています。弱アルカリ性の洗剤は汚れを落とす力が高いですが、ジーンズを洗う時に使ってしまうとジーンズのインディゴの染料も落としてしまうことになります。

特に粉末洗剤や弱アルカリ性の液体洗剤には蛍光剤や漂白剤が配合されているものがありますので注意が必要です。蛍光剤は白く洗い上げる効果があるため、白い衣料などを洗う時に使います。ジーンズを洗う時に使ってしまうと白っぽくなってしまいますので、洗剤を選ぶときは容器の裏目を見て蛍光剤や漂白剤が入っていないものにしてください。

ジーンズを洗う場合はジーンズ専用の洗剤を使うことをオススメします。色落ちを極力防ぎたい場合は洗剤を使わずに水洗いだけにすると良いでしょう。汚れや臭いが気になる場合は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使うと良いです。
天然系の洗剤もオススメです。一般的な洗剤には界面活性剤が入っていますので、生地を傷める原因にもなります。
柔軟剤を使うことは避けてください。黄変を起こす可能性があります。

縦型洗濯機をお使いの場合は、洗剤を入れるタイミングにも気を付けてください。洗濯機を回して水を入れ始めたタイミングで、水が流れ落ちる部分に洗剤を入れます。こうすることで洗剤をしっかりと水に溶かすことができます。水がはり終わったところで、洗濯ネットに入れたジーンズを入れてください。

ジーンズは上手に洗濯したら正しく干しましょう

ジーンズを洗濯機で洗い終えたら、すぐに取り出してください。ジーンズは干し方にもポイントがあります。

  • まずは形を整える
    ジーンズを洗濯ネットから出したら、裏返しのまま形を整えます。シワにならないように、縦方向にも横方向にも引っ張って形を整えてください。
  • 裏返しのまま干す
    ジーンズは生地が厚めで乾くのに時間がかかってしまいます。ポケットなど生地が重なった部分にも風を通しやすくするためにも、裏返しのまま干します。
    また、裏返しにすることで表面の生地の変色や色落ちを防ぐこともできます。
  • 陰干しをする
    日光が当たってしまうと変色してしまう原因になります。必ず直射日光が当たらない場所に干してください。陰干しが基本です。
  • 立体的に干す
    ジーンズは完全に乾くまで時間がかかってしまいます。少しでも早く乾かすためにも、裾などを広げた状態にして、風通しを良くすることがポイントです。
    ジーンズの裾やウエストの部分を広げて筒状の状態にして、立体的に干すことで、ジーンズの中にも風を通しやすくします。

お気に入りのジーンズもちょっとしたコツをおさえておくことで、上手に洗濯をして干すことができます。
ジーンズも汚れたままにしておくと、汚れの部分に雑菌が繁殖して嫌な臭いがしてきたり、生地の劣化を早めてしまうことになります。
上手に洗濯をして、清潔な状態で履いてくださいね。