ジーンズの洗濯で使える洗剤選びのコツ、ダメージを防ぐポイント

ジーンズの洗濯には洗剤選びも重要です。ジーンズの洗濯に適した洗剤を選んで色落ちやダメージを防いだ洗濯をしましょう。また、洗濯方法にもコツがあるので気をつけてください。

ここでは、ジーンズの洗濯について、失敗しない洗剤選びのコツや注意点、色落ちを防ぐ洗濯の仕方やジーンズのダメージを防いで長持ちさせる工夫などお伝えしていきます。

ジーンズは手間をかけることでお気に入りをいつまでも履き続けることができます。これで、あなたもジーンズの洗濯に失敗せずにできるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズ【洗濯機の洗い方】正しく洗うコツで失敗しない

ジーンズの洗濯機を使った洗い方には注意したいポイントがあります。ジーンズを洗濯機で洗うときにそのポイ...

ジーンズとの洗濯で色移りしたときの落とし方と予防する洗濯方法

ジーンズの洗濯で色移りを発見したら、とてもショックですよね。もしも、お気に入りの洋服にジーンズの色移...

ジーンズの洗濯は裏返して正しく洗って長持ちさせよう

ジーンズの洗濯は裏返して洗うのがオススメです。裏返して洗うことで色落ちやダメージを防ぐこともできるの...

ジーンズの洗濯頻度について!長く使うためのベストなタイミング

ジーンズの洗濯頻度については、人によって履く回数や汚れ具合によっても違います。お気に入りのジーン...

ジーンズが洗濯で縮む理由と長持ちさせて縮みを防ぐ洗濯方法

ジーンズは洗濯することで縮むことがあります。では、どうしてジーンズは洗濯によって縮んでしまうのでしょ...

ジーンズの洗濯に柔軟剤を入れる効果と失敗しないための注意点

ジーンズの洗濯には、柔軟剤を入れるべきかお悩みのあなた。お気に入りのジーンズの洗濯を失敗しないた...

ジーンズの洗濯は色落ちを防ぐ洗い方のコツや干し方がオススメ

ジーンズは洗濯によって色落ちしてしまいます。大切なジーンズを自宅で洗うときには、できるだけ色落ち...

ジーンズの洗濯、色落ち防止のコツや色止め対策で安心洗濯

ジーンズの洗濯は色落ち防止の工夫をした洗い方をすれば、お気に入りのジーンズでも色落ちせずに洗濯するこ...

ジーンズの洗濯機でのコース選びやダメージを減らす洗い方のコツ

ジーンズを洗濯機で洗うときにコースはどれを選んだら正しいのでしょうか?ジーンズは洗い方に気を付けない...

スポンサーリンク

ジーンズの洗濯には洗剤選びが大事

ジーンズの洗濯は、縮んでしまったり、色が抜けてしまうことが心配になりますよね。ジーンズの風合いを変えずに洗濯をするには、ちょっとしたコツがあります。

ジーンズを洗うときは、洗剤に気をつけてみてください。

通常の洗濯をするように洗ってしまうと、洗剤や洗い方が強すぎて色落ちを起こしやすくなります。特に洗濯洗剤には漂白剤などが配合されている場合もありますので、白く洗いあげる効果は高くなりますが、ジーンズの色まで落としてしまうことになります。

普通の洗濯洗剤はアルカリ性のものが多く、アルカリは汚れをしっかりと落としてくれますが、ジーンズの染料まで落としてしまいます。

ジーンズは大体5回位の洗濯まで色落ちがすると言われている

色落ちが落ち着くまではアルカリ性の洗濯洗剤は使わないようにした方が良いでしょう。

中性洗剤は生地にやさしく作用するので、ジーンズの色落ちを防ぐことができます。エマールやアクロンなど、おしゃれ着洗い用の洗剤として販売されているもので、ウールなどのデリケートな素材を洗いたいときにも使います。

ジーンズの洗濯にNGな洗剤を使わないように注意

ジーンズに使う洗濯洗剤で気をつけたいのが、漂白剤や蛍光剤が入っていないかということです。
蛍光剤は衣類の発色を良くするために配合されています。白い衣類を真っ白に洗い上げる効果があるため、主に白い衣類を洗濯する際に使いま。蛍光剤が入っている洗剤でジーンズを洗ってしまうと、白っぽくなってしまいますので気をつけてください。

漂白剤入りの洗剤も同じく、汚れを落とす効果は高いのですが、ジーンズの染料まで落としやすくなります。ジーンズのインディコの染料を落としてしまい白っぽくなってしまいますので、漂白剤や蛍光剤が入っていないものを選んでください。

中性洗剤はアルカリ性の洗剤に比べて汚れを落とす効果は弱くなってしまいますので、気になる汚れがある場合は、洗濯をする前に汚れの部分に中性洗剤の原液を直接つけてなじませておくことで、汚れやシミを落とすことができます。

ジーンズ専用の洗剤なら安心して洗濯できる

ジーンズを洗濯するときは、アルカリ性の洗濯洗剤ではなく中性洗剤をオススメしますが、ジーンズ専用の洗剤というのもあります。

ジーンズ専用として販売されていますので、ジーンズを洗濯する機会が多い人なら、1つ用意してみるのも良いと思います。

専用洗剤はジーンズの色を保ちながら、汚れをしっかりと落としてくれる

洗濯でジーンズの風合いが変わってしまうのを抑えることができます。

ジーンズ専用の洗剤ではありますが、他の衣料にも使うことができます。
できるだけ色落ちがしないように作られていますので、同じく色落ちが心配な衣類を洗濯するときに使うと良いでしょう。

ジーンズの状態を変えたくないからと洗濯を控える人もいますが、ジーンズも汚れたら洗濯をしなければいけません。
ジーンズを着用して直接肌に触れている部分には汗を吸い込んで皮脂などの汚れが付着しています。

汚れをそのままにしていると、雑菌が繁殖してジーンズの生地が傷んでしまう

また、裾の部分には泥はねなどの汚れが付着しています。
ジーンズも汚れが気になった場合はもちろんですが、数回着用したら洗濯をして清潔にしておくことが大切です。

色落ちを防ぐには洗濯の仕方にも工夫をすること

ジーンズの洗濯で色落ちを防ぐためには、洗剤選びの他にも、洗い方にもコツがあります。

シーンズは裏返しにしてから洗う

ジーンズを洗うときは、必ず裏返しにしてから洗うようにしてください。洗濯をしているときに衣類同士が絡み合い、生地がこすれることで色落ちがしやすくなります。
ジーンズを裏返しにしておくことで、表面の生地が擦れてしまうことを防ぐことができます。
ボタンやファスナーはしめておくことも重要です。ボタンが生地に擦れることで色落ちがしやすくなり、また、生地にキズをつけてしまう可能性もあります。ボタンやファスナーはキチンとしめてから、裏返しにしてください。

洗濯ネットに入れる

ジーンズを裏返したら、軽くたたんで洗濯ネットに入れてから洗います。洗濯ネットに入れることで、ジーンズが絡んだり擦れることを防ぎ、型崩れを起こさないようにもできます。
洗濯ネットは丁度良いサイズのものを使ってください。大きすぎるとネットの中でジーンズが動いてしまいますし、小さすぎると洗剤がジーンズ全体に渡らずに汚れを落としきれなく場合もあります。

洗濯時の水温にも気をつける

洗うときの水の温度もポイントです。お湯の方が汚れを落としやすくなりますが、色落ちや縮みを起こしてしまいます。ジーンズを洗う時は水で洗うようにしてください。冷たい水を用意しなくても、常温の水で十分です。
乾燥機の使用も縮みの原因になりますので、ジーンズに使うのは避けてください。

ジーンズには正しい洗濯方法で着こなし方にも気をつけましょう

ジーンズを良い状態で保つためには、色落ちだけではなくシワにも気をつけてください。ジーンズは洗濯や着用している時に生地に力が加わることでシワができ、その部分が白くなってしまいます。

よく使うポケットの部分やベルトを通す穴は擦れて白くなってしまうことがあります。膝をつく人なら、膝の部分の生地が伸びて白くなってしまうことも多いでしょう。
また、座っている時につくシワも白くなって残ってしまいます。
これらは着用している時にどうしてもついてしまう跡ですが、できるだけ意識をすることで防ぐこともできます。少なくても洗濯によってできることは避けるようにしたいものです。

ジーンズを洗って脱水した後は、すぐに洗濯機から取り出す

そのまま入れておくと、ジーンズに余計なシワを作ってしまいます。
干す時も裏返しにしたまま、風通しの良い場所で陰干しをします。裏返しのまま干すことで、生地の変色を避け、ポケットなど生地が重なっている部分も早く乾かすことができます。

ジーンズを洗濯するときは、洗剤に注意して、裏返しにして洗濯ネットに入れてから洗うことで色落ちを防ぐことができます。
また、生地への負担を少なくするためにも手洗いをオススメします。洗濯機で洗う場合は手洗いコースやドライコースなど、できるだけやさしい水流で洗うコースを選んでください。

1度着用したジーンズは汗や大気中の湿気を含んでいる、すぐに収納しないで一晩干しておくこともポイント

形を整えてから干しておくことで、嫌な臭いがしだすことを抑え、状態良く長持ちさせることができます。

お気に入りのジーンズは、洗濯にもほんのひと手間加えることで色落ちなどを抑えることができます。ぜひ、ひと手間を習慣にして、ジーンズを長持ちさせてくださいね。