洗濯物のほこりの取り方とほこりがつかないようにする対策

洗濯物についてしまったほこりの取り方は、便利なアイテムを使えば簡単に取ることができます。ただし、ほこりがどうしてついたしまったのかその原因を知って、その原因を取り除くことも大切です。

そこで、洗濯物についたほこりの取り方やほこりがついてしまった原因とほこりがつかないようにする対策についてお伝えしていきましょう。

これで、洗濯物にほこりがついても慌てずに対処することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリーニングにスーツの持って行き方や注意点と選ぶポイント

クリーニングへのスーツの持って行き方について、特に初めて持っていく場合はどうすればいいのかわからない...

クリーニング料金の相場や店選びのポイントと安く節約するコツ

クリーニング料金の相場については、少しでも節約をしたい主婦にとって重要なポイントです。クリーニングに...

クリーニングは宅配つめ放題を上手に賢く活用するコツとは

クリーニングには宅配つめ放題というものがあります。利用したことがないと、これは本当にお得なのかと...

クリーニング料金のコートの相場や安くするコツと出す前の注意点

クリーニングの料金は、コートを出すとなるとけっこうかかるのが難点です。節約のための出すのをやめよ...

クリーニングに出す時の注意点。スーツを出す時の日数について

クリーニングにスーツを出すときは日数についても気になりますね。仕事が忙しくて、いつもスーツが必要だっ...

クリーニング【スーツ】料金相場や安くするコツと店の選び方

クリーニングをスーツに出すと、料金が思っていた以上に高かったことはありませんか?スーツのクリーニ...

クリーニングのスーツの頻度や注意点とキレイに長持ちさせるコツ

クリーニングにスーツを出す頻度については、スーツの使い方や汚れ具合によっても違ってくるでしょう。...

スポンサーリンク

洗った洗濯物にほこりがついてしまったときの簡単な取り方

洗った洗濯物にほこりがついてしまったら、便利なアイテムを使用することでほこりを取ることができます。

「粘着テープを使う」取り方

粘着テープを衣類にペタペタと貼り付けてほこりを取りましょう。

「エチケットブラシ」を使ったほこり取り

エチケットブラシを使用することには、ほこりを取ること以外にもメリットがあり、しっかりと衣類をブラッシングすることで花粉を取ることもできます。

掃除クリーナーもほこりとりには便利なアイテム

「コロコロ」を使えば、粘着テープを使うよりも手早くほこりを取ることができます。

この他にも、食器を洗うときに使用する未使用の「スポンジ」を使ってほこりを取るという方法もあります。

洗濯物についたほこりの取り方の最終手段は洗い直し

洗濯物のほこりが気になるときは、再度お洗濯をするという方法もあります。

洗濯物の量が多い時は洗い直しが早い

もう一度洗濯をするほうが簡単にほこりを取ることができます。

時間がないときも、手で一つ一つ取るのは面倒なもの。そんなときも、もう一度お洗濯をすることで対処をしましょう。

洗濯機の糸くずフィルターの掃除をしてから洗い直すこと

糸くずフィルターにゴミが溜まった状態のままで洗い直しをしても、洗濯物にほこりが付着してしまうだけです。

もう一度洗い直すときは、洗剤を入れて最初から洗わなくてもOK。すすぎだけでも大丈夫ですから、再度すすぎをしてほこり取りをしましょう。

また、もう一度洗い直すときはたっぷりの水で洗うことで、ほこりが取れやすくなります。量が多い時は少し量を減らして洗濯をし直す方が、効果的にほこりを取ることができます。

ほこりの取り方よりも洗濯物にほこりがついた原因を知るのも大事

洗濯をしたときにほこりが付いてしまうそもそもの原因は一体何なのでしょうか?

原因がわからなければ、洗濯のたびにほこりに悩むことになります。

洗濯槽が汚れている

洗濯槽の汚れが原因で洗濯物にほこりが付いてしまうことがあります。衣類の繊維などの糸くずが原因になっていたり、カビや洗濯洗剤の溶け残りなども原因となり、洗濯槽が汚れてしまうのです。

ほこりが付きやすい素材とほこりが出やすい衣類を一緒に洗う

洗濯物の素材によっては、ほこりが付きやすい素材のものもあります。また、洗濯によって繊維が糸くずが出やすい素材のものもありますので、そうした物を一緒に洗濯してしまうと、ほこりが付く原因になります。

洗濯する時の水の量が足りない

洗濯の水の量が足りないと、ゴミ取りネットまで水位が届かず、ゴミが取れないことがあります。そうすると洗濯物にほこりが残ってしまうことになります。

洗濯物にほこりがつかないようにキレイに掃除をすること

洗濯槽の汚れは、洗濯物にほこりが付着する原因

洗濯槽の掃除をあまりしていないのであれば、面倒でも掃除をしたほうが良いでしょう。

ほこりだけでなく洗濯物の臭いの原因にもなる

洗濯槽を掃除することは、ほこりの対策以外にも、臭い対策にも繋がります。

衣類を清潔な状態に保ちたいのであれば、面倒でも時々は洗濯槽掃除を行い、洗濯槽をクリーンな状態にしましょう。

洗濯槽の掃除は、1~2ヶ月に1回を目安に行う

洗濯槽の掃除に使えるクリーナーが販売されていますので、そちらを利用することで簡単に掃除をすることができます。

糸くずフィルターの掃除をすることも大切

糸くずフィルターの中にゴミが溜まってると、ゴミをキャッチすることができなくなって洗濯物にほこりが付着する原因になってしまいます。

糸くずフィルターの掃除は、できれば洗濯をするたびに毎回掃除をすることがおすすめです。

ほこり対策の工夫をして洗濯をしましょう

洗濯物のほこりは、お洗濯をするときに工夫をすることで予防することができます。

洗濯ネットを使用する

洗濯によって繊維がとれやすいものは、洗濯ネットを使用して洗うようにします。洗濯ネットを使用することで、繊維が他の洗濯物に付着することを予防できるため、ある程度はほこり予防をすることが可能です。

静電気を予防できる柔軟剤を使用する

静電気が起きると、洗濯物にほこりが付きやすくなります。柔軟剤の中には、静電気を予防する効果があるものもありますので、そのような効果のある柔軟剤を使用して洗濯をしましょう。

すすぎを多く行う

すすぎの時間を長くしたり、回数を増やすことでほこりの対策をすることができます。また、すすぎをする時の水の量を増やすことでも対処することができます。すすぎの方法を見直してみましょう。

洗濯物を分ける

ほこりが出やす洗濯物を別にして洗うと、他の洗濯物にほこりが付く心配がありません。手間がかかってしまいます、このように分けて洗濯をすることでほこりを付けずに洗濯をすることができます。

また、ほこりが付着したときに目立つ色(黒っぽい色の物)を、他の洗濯物と一緒に洗わないようにする方法もあります。

洗濯物のほこりを予防して、快適にお洗濯をしましょう。