クリーニングに出す時の注意点。スーツを出す時の日数について

クリーニングにスーツを出すときは日数についても気になりますね。仕事が忙しくて、いつもスーツが必要だったり、スーツの枚数をあまり持っていない場合は、できるだけ早く仕上げて欲しいものです。

ここでは、スーツのクリーニングにかかる日数について、平均にかかる日数や即日仕上げの注意点、日数が伸びる場合の理由やスーツをクリーニングに出す前に確認するべきことなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、スーツのクリーニングにかかる日数についてわかるので、余裕を持ってクリーニングに出せるようになりますし、安心して利用ができるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリーニングは宅配つめ放題を上手に賢く活用するコツとは

クリーニングには宅配つめ放題というものがあります。利用したことがないと、これは本当にお得なのかと...

クリーニング料金の相場や店選びのポイントと安く節約するコツ

クリーニング料金の相場については、少しでも節約をしたい主婦にとって重要なポイントです。クリーニングに...

クリーニングのスーツの頻度や注意点とキレイに長持ちさせるコツ

クリーニングにスーツを出す頻度については、スーツの使い方や汚れ具合によっても違ってくるでしょう。...

クリーニング料金のコートの相場や安くするコツと出す前の注意点

クリーニングの料金は、コートを出すとなるとけっこうかかるのが難点です。節約のための出すのをやめよ...

クリーニング【スーツ】料金相場や安くするコツと店の選び方

クリーニングをスーツに出すと、料金が思っていた以上に高かったことはありませんか?スーツのクリーニ...

洗濯物のほこりの取り方とほこりがつかないようにする対策

洗濯物についてしまったほこりの取り方は、便利なアイテムを使えば簡単に取ることができます。ただし、ほこ...

クリーニングにスーツの持って行き方や注意点と選ぶポイント

クリーニングへのスーツの持って行き方について、特に初めて持っていく場合はどうすればいいのかわからない...

スポンサーリンク

スーツのクリーニングにかかる平均日数は3日くらい

通常、スーツのクリーニングはドライクリーニングになります。

●ドライクリーニング

  • 水を使わないで有機溶剤で洗います。
  • 油汚れに効果的です。

クリーニング店によって、日数は様々ですが、大体3日位かかる事が多いようです。

スーツのクリーニングをするにも、ウェットクリーニングをお願いしたら1週間程かかったり、染み抜きや撥水などのオプションを付けたら、そのオプションによって日数が伸びたりします。

●ウェットクリーニング

  • 水洗いで落とすクリーニング
  • 水に溶ける汚れに効果的です。

急いでいる場合は即日仕上げを利用しましょう。

●即日仕上げ

  • 午前中に出すと即日に仕上げてくれる

時間がない時に便利な即日仕上げにも注意点がありますのでチェックしましょう。

スーツのクリーニング日数がかからない即日仕上げの注意点

どうしても急ぎたい場合、時間がなくてなかなかクリーニング店に取りに行ける日がない場合などにお勧めなのは、即日仕上げ(スピード仕上げ)です。

店舗によってサービスは様々ですので、予め調べておきましょう。

即日仕上げの注意点

  • 店舗によって実施していない場合がある
  • 午前中に出さないと即日に仕上がらない
  • シミ抜きなどのオプションが付けられない
  • ウェットクリーニングには対応していない

スーツを早いうちに仕上げるためには、その旨を伝えて即日仕上げができるか確認する事が大切です。

コートやセーターなどは時間がかかってしまう事が多いので、一緒に出す時はスーツだけでも急ぎたい事を伝えましょう。

時期やコースによってはクリーニングの日数が伸びる場合もある

即日仕上げは、朝出せば即日仕上がる仕組みですが、シミ抜きなどのオプションは付けれません。

通常のスーツのドライクリーングは大体3日ほどが目安です。

オプションを付けたらその分日数が伸びます。

ウェットクリーニングは大体1週間程かかります。

店舗が混んでいて忙しい時期なども日数がかかる場合もあります。

なかなか取りに行けなくて、宅配クリーングを利用した場合は、また更に日数がかかるでしょう。

宅配の場合は大体通常より2日程プラスしてかかる事が多いようです。

また、シャツやスーツ以外のセーターやコートなどなら5日から1週間程かかるものが多いです。

必要になる日が予め分かっていたら、できるだけ早めに出しておきましょう。

スーツをクリーニングに出す前に確認するべきこと

クリーングに出す前にしっかりとスーツのチェックをしましょう。

●クリーニングの出し方

  • ほつれ、シミや汚れなどの確認
    予めチェックする事で、「シミがあって落ちていなかった事に後で気付いた」などのトラブルの予防になります。また、汚れの種類などの説明が出来る方が対処しやすくなります。
  • ポケットの中の確認
    ポケットの中に何も入っていない状態にしておきましょう。

これらをしっかりとチェックしてから出します。

基本的にスーツをクリーングに出す時には上下一緒に出します。
汚れが気になるからと片方だけで出していると、色が変わってきてしまう事も考えられます。

また、ハンガーなどは必ず外した状態で持って行きましょう。

防水加工や防虫加工など色々ありますが、生活スタイルに合わせてオプションを選びます。

ドライクリーニングやウェットクリーングなどがあるので、どちらがより良いのかは汚れの種類や日数によって違ってくるので把握しておきましょう。

スーツのクリーニングは日数に余裕を持って利用しよう

スーツのクリーニングを出すのに、余裕を持って出さないと時間的に取りにいけなかったりする場合があるので余裕を持って出しましょう。

急いで必要な場合

  • 即日クリーニング(スピードクリーニング)でドライクリーニングに、午前中に出しましょう。

即日仕上げじゃなくても直接店舗に行って、いつ仕上がるか確認しましょう。

時間がなくて店舗に行けない場合

  • 宅配クリーニングを利用しましょう。

受付などはネットから24時間できるところが多いです。

店舗に出す事も受け取る事もなく、決められた時間に家にいるだけで大丈夫ですので、仕事などでなかなか店舗がやっている時間に行けない人におすすめです。

生活スタイルによって、また、汚れ具合によって使い分ける事も大切ですが、思いもしなかったシミなどが見つかってオプションが必要になった場合なども考えて、早めに出すようする事が大切です。

また、早く出す事によって汚れも落ちやすくなります。

よく使う店舗なら会員になるとサービスがあったりしますので活用できますし、日数も把握しやすくなるでしょう。