クリーニングのスーツの頻度や注意点とキレイに長持ちさせるコツ

クリーニングにスーツを出す頻度については、スーツの使い方や汚れ具合によっても違ってくるでしょう。
スーツをクリーニングに出したことがないと、頻度や出す前の注意点などが気になりますよね。

ここでは、スーツのクリーニングについて、最適な頻度や出す前に確認すること、スーツの毎日のお手入れ方法やキレイに長持ちさせるコツなどお伝えしていきましょう。

これで、スーツをクリーニングに出すときも安心ですし、大切なスーツも長く着ることができるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリーニングにスーツの持って行き方や注意点と選ぶポイント

クリーニングへのスーツの持って行き方について、特に初めて持っていく場合はどうすればいいのかわからない...

クリーニングは宅配つめ放題を上手に賢く活用するコツとは

クリーニングには宅配つめ放題というものがあります。利用したことがないと、これは本当にお得なのかと...

クリーニング料金の相場や店選びのポイントと安く節約するコツ

クリーニング料金の相場については、少しでも節約をしたい主婦にとって重要なポイントです。クリーニングに...

クリーニング料金のコートの相場や安くするコツと出す前の注意点

クリーニングの料金は、コートを出すとなるとけっこうかかるのが難点です。節約のための出すのをやめよ...

洗濯物のほこりの取り方とほこりがつかないようにする対策

洗濯物についてしまったほこりの取り方は、便利なアイテムを使えば簡単に取ることができます。ただし、ほこ...

クリーニングに出す時の注意点。スーツを出す時の日数について

クリーニングにスーツを出すときは日数についても気になりますね。仕事が忙しくて、いつもスーツが必要だっ...

クリーニング【スーツ】料金相場や安くするコツと店の選び方

クリーニングをスーツに出すと、料金が思っていた以上に高かったことはありませんか?スーツのクリーニ...

スポンサーリンク

スーツをクリーニングに出す最適な頻度とは

スーツに目立った汚れなどがなく、シワも気にならない場合は1シーズンに1回のタイミングでクリーニングに出すのが良いでしょう。衣替えのときに、これまで着ていたスーツをクリーニングに出すというサイクルで大丈夫です。

クリーニングに出すことで、どうしてもスーツの生地を痛めてしまいます。何度もクリーニングに出しているうちに型くずれを起こしたり、生地自体にテカリが出てしまったりもします。こまめにクリーニングに出した方が清潔感があって良さそうですが、気になるようなシミや汚れ、シワが無い場合は、1シーズンに1回のサイクルで十分です。

ただし、スーツを着る頻度や職種によっても違ってきます。
スーツ自体の枚数が少なくて週に同じスーツを何度も着るような場合は、スーツ自体に目立つシミなどがなくても、生地が汗を吸い込んで汚れてしまっています。
また、ずっと事務所で仕事をしている人、外回りが多い営業マン、建築現場などへスーツで行く機会が多い人などと職種によってもスーツの汚れ具合が変わってしまいます。

基本的には1シーズンに1回で良いですが、スーツを着る頻度や使い方などに合わせてクリーニングに出す回数を増やすようにしてください。

スーツのクリーニングは夏場は頻度を増やして

スーツの汚れはシミやシワ、泥はねだけではありません。一番気になるのが汗です。汗を吸い込んだ生地は臭いも発生させてしまいます。

夏場は汗をかく量が多くなるので、クリーニングもこまめに出すようにしたほうが良いでしょう。もちろん、着る頻度や職種、環境によっても変わってきますが、汗をよくかいたと思う日が続いたらクリーニングに出すようにしてください。

クーラーが効いている事務所で仕事をしている人であっても、通勤時の外や電車の中で汗をかいている場合も多いことと思います。外回りをしている営業マンなら尚更でしょう。汗が汗ジミとなって生地に残ってしまわないように、夏場はクリーニングに出す回数を多めにすることが大切です。
また、汗を吸い込んだ生地をそのままにしておくと汚れが蓄積されていき、嫌な臭いの原因にもなります。2週間に1回の頻度でクリーニングに出すことをオススメします。

夏用のスーツは背中の裏地がカットされている「背抜き」仕様に作られています。通気性や良く、裏地のあるものと比べると軽くて涼しい着心地になっていますので、汗を抑えるためにも夏には夏用のスーツを用意することもポイントです。

秋冬のスーツはしっかりと裏地があるもので、ウール素材の暖かい生地のものを用意しましょう。冬場は夏場に比べて汗をかく量も頻度も少ないので、クリーニングも1シーズンに1回で十分です。

スーツをクリーニングに出す前に確認すること

スーツをクリーニング店へ持って行く前に確認しておきたいことがあります。

  • ポケットの中
    ポケットの中に何も入っていないかを確認してください。ティッシュやガムの包み紙、レシート、小銭やIDカードなども入れっぱなしの場合があります。
    クリーニング店でもポケットの中は確認しますが、わかりにくいポケットもあり見落としてしまう可能性もあります。大切なものが入っている場合もありますので、自分でしっかりと確認してからクリーニング店に持っていきましょう。
  • シミがあるか
    気になるシミがあるかどうかを見ておいてください。シミがあった場合は「しみ抜き」をしてもらいます。何でついたシミなのかもわかれば、説明すると良いでしょう。
    また、ほつれがある場合はクリーニング店で相談してみてください。ほつれなどを直してくれるクリーニング店も多いです。
  • 代わりのスーツがあるか
    スーツをクリーニング店に預けると、仕上がるまで数日かかってしまいます。衣替えのタイミングでない場合は、クリーニングにかかる期間に着るスーツは残しておくようにしましょう。
    ウェットクリーニングが可能な生地であれば、ウェットクリーニングをしてもらうことをオススメします。ウェットクリーニングとはクリーニング業者が行う「水洗い」を指します。汗の汚れはウェットクリーニングをしてもらった方がスッキリと落とすことができます。

毎日のお手入れででクリーニングに出す頻度が抑えられる

クリーニングに出すと費用もかかりますし、クリーニング店に持ち込んだり引き取りに行ったりと手間もかかります。できるなら、クリーニングに出す頻度も抑えたいところですよね。

スーツも着る度にお手入れをすることで長持ちさせることができる

  • スーツを脱いだら消臭スプレーをしている方もいるでしょう。消臭ススプレーでスーツについた汗の臭いや食べ物、タバコの臭いを消しておくことも大切です。
  • 他には「洋服ブラシ」を用意しておくと良いです。スーツの生地にブラシをかけて、ホコリや花粉、糸くずなどのスーツについたゴミを落とします。またブラシをかけることで、生地の繊維の目を整えることができます。
  • 入浴後の浴室にスーツをかけておくと、スーツの生地に湿気を吸わせることでシワをのばすことができます。アイロンのスチームを当てても良いでしょう。
  • 一度着たスーツはそれなりに汗を吸い込んでいますので、すぐにクローゼットにしまわずに、ハンガーにかけて一晩干すようにしましょう。
    そしてスーツを脱いだ後に一手間かけることで、スーツがキレイな状態に長持ちさせることができます。

スーツは適度なクリーニングでキレイに長持ちさせよう

スーツのクリーニングは、出しすぎても良くありません。クリーニングで使う溶剤はどうしても生地にダメージを与えてしまいます。生地の劣化を早めたり、生地の風合いが変わってしまう原因にもなります。だからと言ってクリーニングに出さないわけにもいきません。汚れを放置しておくと雑菌が繁殖し、シミにカビができたり嫌な臭いもしてきます。特に衣替えの時は、一度でも着たスーツは必ずクリーニングに出してからしまうようにしましょう。目立った汚れが無くても、一日分の汗はしっかり吸い込んでいます。

クリーニングから戻ってからも気をつけたいポイント

クリーニング後のスーツは袋に入れられていると思います。その袋からスーツを取り出して、干しておきます。袋に入っていたスーツは湿気がたまっている場合がありますので、最低でも一晩は陰干しをしてからクローゼットに片付けるようにしてください。

ホコリが被らないようにとクリーニング店の袋を再び使うようなことはせずに、ホコリが気になる場合は通気性の良いカバーを用意してください。100円ショップでも販売していますので、衣類を収納するときの専用のカバーを使うようにしてください。
また、クローゼットに長期間しまっている時は、除湿剤や防虫剤も一緒に入れておくと良いです。

スーツは決して安いものではありません。中にはオーダーメイドで作っている方もいるでしょう。大切に長く着られるように、面倒ではあっても毎日のひと手間を心がけてください。