ネクタイの洗濯後のアイロンがけをキレイに仕上げるコツと注意点

ネクタイを洗濯したらアイロンをかけることで、シワも取れてキレイに仕上げることができます。ネクタイのアイロンのかけ方のコツを掴めば、自宅でネクタイを洗濯しても安心です。自宅で洗濯やアイロンを上手にかけることができれば、クリーニング代も節約できるでしょう。

ここでは、そんなあなたのためにネクタイの洗濯後のアイロンがけをキレイに仕上げるコツと注意点について、アイロンをかける前のネクタイの乾かし方やネクタイのアイロンがけの手順やコツ、ネクタイのアイロンがけの注意点やネクタイをアイロンでキレイに仕上げるためのポイントなどお伝えしていきます。

これで、ネクタイを自宅で洗濯してもシワのないキレイなネクタイに仕上げることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネクタイの洗濯頻度や自宅で上手に洗って清潔に保つ方法やコツ

ネクタイの洗濯頻度については、ネクタイの使用回数や汚れ方によっても違ってきます。ネクタイをあまり持っ...

ネクタイを洗濯機に!修復する方法や対処法と失敗しない洗い方

ネクタイを洗濯機で洗ってしまたら、しわを修復することはできるのでしょうか?ねじれてしわになってし...

ネクタイの洗濯を自宅でする方法と注意点、長持ちさせるコツ

ネクタイの洗濯を自宅でするには、ネクタイが洗えるかを確認する必要があります。洗えるネクタイなら自宅で...

ネクタイの洗濯【絹】自宅でもできる洗い方と洗う前の注意点

ネクタイの洗濯をするときは絹の素材のネクタイの場合、特に洗い方などに気をつけなければなりません。絹の...

ネクタイを洗濯してシミ抜きする方法やひどくなる前の応急処置

ネクタイを洗濯してシミを取るには、注意しなければならないポイントがあります。ネクタイの素材によっては...

【ネクタイの洗濯】シルクを自宅で洗濯するときの手順や注意点

ネクタイの洗濯について、シルクのような高級な素材のネクタイは自宅で洗濯することができるのでしょうか?...

ネクタイの洗濯をクリーニングに任せるメリットと料金や注意点

ネクタイの洗濯はクリーニングにお願いするのがオススメです。ネクタイを自宅で洗濯することは可能ではあり...

スポンサーリンク

ネクタイを洗濯したらアイロンの前にしっかり乾かしましょう

ネクタイは身体の前の部分になるので汚れがつきやすいです。食事をしていると食べこぼしがついてしまうこともあります。毎回クリーニングに出すと仕上がりまで日数もかかってしまいますし、お金もかかります。自宅で洗濯をすることでクリーニング代の節約にもなります。ネクタイを自宅で洗濯する場合は、必ず洗濯表示を確認してましょう。

手洗い出来るネクタイは、自宅で洗濯する事でいつでも綺麗なネクタイをすることが出来る

ネクタイを洗濯したら水気を切りしっかり乾かすことがポイントになります。
手順を紹介します。

  1. バスタオルでタオルドライ
    ネクタイの裏側を上にしてタオルの上に置きます。そうすることでネクタイの裏にあるタグや小剣を通す輪の跡がネクタイの表面に出ません。バスタオルで優しく包む。
  2. 水分を吸い取る
    上から軽く押して水分を吸い取ります。
  3. ハンガーにかける
    水分を取ったら、幅広のハンガーにかけて、風通しのいい日陰に半日~1日陰干しをする。表面が乾いても芯地が乾いてないこともあるので必ず芯地が乾いていることを確認しましょう。

しっかり乾いていることを確認してからアイロンをかけるようにします。

洗濯したネクタイをキレイに仕上げるにはアイロンがけが大切

使用頻度の高いネクタイをどのくらいの頻度で洗濯をしていますか?中には購入してから一度も洗濯をしたこともない人もいるのではないでしょうか?ネクタイは胸の前にあるのでかなり汚れがつきやすいです。ネクタイは定期的に洗濯をしましょう。コツさえしっかり掴むと自宅でも洗うことができます。自宅で洗うことが出来るといつでも清潔なネクタイをして会社に行くことができます。

自宅で洗濯をしたネクタイをキレイに仕上げるためには、アイロンがけが大切です。キレイなネクタイにするためにはコツがあります。

アイロンをかける時は裏側からあて布を使い低温でかける

メッシュ状のタイプを使用すると、熱やスチームがしっかり届きます。ネクタイの裏側にはタグや輪がついているので丁寧にアイロンがけをします。そして表側もアイロンをかけます。輪のついている部分は強く抑えないようにしましょう。強く抑えてしまうと輪の跡が浮き出てしまいます。

洗濯後のネクタイの上手なアイロンのかけ方のコツ

自宅ででネクタイを洗濯した後、大切なことはアイロンをかけてしっかりシワを伸ばすことです。

用意するものは、アイロン、アイロン台、あて布になります。

まずアイロン台にネクタイを置いてシワを手で伸ばす。その後あて布をして、浮かせながらスチームを当てます。蒸気によってシワを伸ばす事ができます。

アイロンの温度は低温にしてスチームをします。

ネクタイに直接アイロンを当ててしまうと?

テカリの原因になるので必ずあて布をしてからアイロンがけを行いましょう。アイロンがけをした後もう一度手でシワを伸ばします。ネクタイによって伸びやすい方向や伸びにくい方向があります。そしてスチームを切りアイロンで水分を飛ばします。この時もアイロンは当てずに浮かした状態で行いましょう。

ネクタイにアイロンをかけるときに気をつけたい注意点

自宅でネクタイを洗濯した後、アイロンをかけシワを伸ばす時に気をつけたいことがあります。この注意点はしっかり守りましょう。

あて布をしているからとネクタイにアイロンを直接当てないこと

アイロンを当ててしまうとテカリが出てしまいます。そしてネクタイを押さえつけるとふっくら感が失われてしまうので、本来の風合いがなくなってしまいます。アイロンをかける時は必ず浮かせてスチームを当てるようにアイロンをかけましょう。

シルクは水分に弱いので、スチームを当てる場合は水滴がネクタイに滴らないように注意しましょう。

ネクタイの裏側にはタグや輪がついています。この部分を適当にアイロンを当ててしまうと変な形になってしまうので丁寧にアイロンをかけましょう。

さらにネクタイをアイロンでキレイに仕上げるためのポイント

洗濯後にアイロンをかけるとシワが伸びてキレイになりますが、更にネクタイをキレイに仕上げることが出来る方法があります。ひと手間加えるだけでより美しくふっくら仕上がります。ネクタイはふんわりと膨らみ立体的になっている方が上品とされています。立体的になっているネクタイは見栄えがよくなるので、是非試してみましょう。

準備するものは菜箸、アイロン、あて布です。

菜箸をネクタイの内側に折り目に沿って差し込みます。

あて布をしてスチームを当てます。直接当てないように折り目に沿ってアイロンを当てます。スチームを当て終わったら、あて布を外し菜箸の効果で厚みがしっかり出来ているか確認します。反対側も同じように行います。乾かすとふっくらしたネクタイに仕上がります。

キレイにアイロンがけをした後は収納も大切

せっかくキレイにアイロンがけをしたのにシワがついているとがっかりしてしまいます。

平積みは二つ折りにして棚に並べます。選びやすく折れ目も目立ちにくいです。ネクタイを丸めて収納ボックスに入れる方法もお薦めです。ゆるく巻くことでシワになりにくいです。