ネクタイを洗濯機に!修復する方法や対処法と失敗しない洗い方

ネクタイを洗濯機で洗ってしまたら、しわを修復することはできるのでしょうか?
ねじれてしわになってしまったネクタイでも、修復できる場合があるのです。

ここでは、洗濯機にうっかり入れてしまったネクタイを修復する方法について、ネクタイを洗濯機で洗ってしまったときの対処法や洗濯機でねじれてしまったネクタイの修復方法、家で洗えるネクタイの正しい洗い方や洗濯で失敗してしまった、ネクタイの活用法などお伝えしていきましょう。

これで、ネクタイの洗濯で失敗したときでも修復することができるかもしれません。
それにすぐに対処もすることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネクタイの洗濯頻度や自宅で上手に洗って清潔に保つ方法やコツ

ネクタイの洗濯頻度については、ネクタイの使用回数や汚れ方によっても違ってきます。ネクタイをあまり持っ...

ネクタイの洗濯後のアイロンがけをキレイに仕上げるコツと注意点

ネクタイを洗濯したらアイロンをかけることで、シワも取れてキレイに仕上げることができます。ネクタイのア...

【ネクタイの洗濯】シルクを自宅で洗濯するときの手順や注意点

ネクタイの洗濯について、シルクのような高級な素材のネクタイは自宅で洗濯することができるのでしょうか?...

ネクタイの洗濯【絹】自宅でもできる洗い方と洗う前の注意点

ネクタイの洗濯をするときは絹の素材のネクタイの場合、特に洗い方などに気をつけなければなりません。絹の...

ネクタイの洗濯をクリーニングに任せるメリットと料金や注意点

ネクタイの洗濯はクリーニングにお願いするのがオススメです。ネクタイを自宅で洗濯することは可能ではあり...

ネクタイを洗濯してシミ抜きする方法やひどくなる前の応急処置

ネクタイを洗濯してシミを取るには、注意しなければならないポイントがあります。ネクタイの素材によっては...

ネクタイの洗濯を自宅でする方法と注意点、長持ちさせるコツ

ネクタイの洗濯を自宅でするには、ネクタイが洗えるかを確認する必要があります。洗えるネクタイなら自宅で...

スポンサーリンク

洗濯機に入れてしまったネクタイを修復したい

洗濯機で洗ったことでシワがついてしまったりヨレてしまったネクタイも、修復して元に戻すことができる場合があります。
ネクタイの素材などにもよりますが、完全に元通りにはできなくても、元の状態に近づけることが可能です。

まずは、ネクタイの素材を確かめてください。シルクでできている場合は、修復の処理を失敗してしまうと使えなくなってしまいます。また、扱いが難しい素材でもあるため、シルクの場合はクリーニング店で相談するようにしましょう。
ネクタイがポリエステルなどの化学繊維でできている場合なら、自分でも修復することができます。

ネクタイは結びやすいように、伸び縮みがしやすいバイアス裁断でできています。そのため、濡らしてしまうと縮みやすい性質もあります。
洗濯機から取り出したら、すぐにタオルで水気を取り除いて、アイロンをかけてください。

ネクタイにアイロンをかける場合は、裏面からかけていきます。必ずネクタイの上にあて布をしてください。力を入れて引っ張ってしまうと伸びてしまいますので、形を整えるようにしてアイロンのスチームをあてていきます。シワを伸ばすことを意識しながら行ってください。

ネクタイを洗濯機で洗ってしまったときの対処法

ネクタイを洗濯機で洗ってシワができてしまったときは、すぐにアイロンをかけることです。濡れたままにしておくとシワだけでなく、縮んで使えなくなってしまいます。

洗濯機から取り出したらすぐにタオルで水分を取り除きます。
その後でアイロンをかけてシワを伸ばしてください。

ネクタイのアイロンのかけ方

  1. ネクタイは裏面からアイロンをかけていきます。
    生地にテカリがでないように、あて布をします。あて布は専用のものが無い場合は、手ぬぐいか綿のハンカチで十分です。
  2. アイロン台の上にネクタイの裏面を上にして置きます。その上にあて布を置いてください。
  3. アイロンは中温に設定し、スチームを使います。
  4. ネクタイのシワを伸ばすようにして形を整えながら、あて布の上からアイロンをかけていきます。
    決してアイロンを押し付けたりしないようにしてください。
    力を入れすぎるとネクタイが平たくなってしまい、見た目が悪くなります。
  5. 裏面が終わったら、同様に表面もかけていきます。形を戻すことに注意しながら、やさしくかけてください。

洗濯機でねじれてしまったネクタイの修復方法

ネクタイは結びやすいように、生地の縦方向に対して斜め45度で裁断するバイアス断ちをして、生地に伸縮性をもたせています。バイアス断ちをした生地は、水を含んだときに型崩れを起こしやすくなるため、間違えた洗濯方法をした場合などに、ネクタイがよじれてしまうことがあります。

ねじれてしまったネクタイは、アイロンだけでは修復することができず、中の芯をかえる必要があります。

  1. ネクタイの裏側の糸の縫い目をほどき、中にある芯地を出します。
  2. 取り出した芯地はよれたりシワがよっていますので、アイロンをかけて真っ直ぐに戻します。
    アイロンで芯地が戻らない場合は、新しいものに取り替える必要があります。
  3. 芯地を直したら、ネクタイの中に戻し、ほどいた部分を縫い付けます。

難しい作業なので、自信がない場合や裁縫に慣れていない人は、お直しに出したほうが無難です。

家で洗えるネクタイは優しく手洗いすること

ネクタイの中には自宅で洗うことができるタイプのものもあります。
自宅で洗えるのかどうかは、ネクタイの洗濯表示を確認してください。

洗濯表示の見方

ネクタイの裏側についているタグに洗濯表示があります。桶のマークがある場合は自宅で洗うことができます。桶のマークにバツ印がある場合は自宅で洗うことができませんので、クリーニング煮出すようにしましょう。
ネクタイによっては洗濯のマークではなく、洗濯表示やドライクリーニングという文字がある場合もありますので、表示に従ってください。

素材を見る

ネクタイはシルク、ウール、ポリエステルでできていることが多いです。シルク100%で作られているネクタイは、自宅で洗うことはできません。シルクは水に弱いため、水洗いをしてしまうと失敗する可能性が高くなります。

ネクタイの洗い方

ネクタイを洗うときは、中性洗剤を使ってやさしく手洗いをすることが基本です。
中性洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤で、エマールやアクロンなどの商品があります。デリケートな素材を洗うときに使いますので、1本用意していくと良いでしょう。

  1. 洗面器に水を入れたら、中性洗剤を溶かして洗濯液を作ります。
  2. ネクタイを洗濯液の中にいれて5分くらいつけておきます。
  3. ネクタイをゆらし洗いします。水の中でネクタイを泳がせるようにして、洗ってください。
  4. キレイな水にかえて、洗うときと同じようにゆらしてすすぎます。
  5. タオルの中にはさんで上からやさしく押すようにして、水分を取り除いてください。

洗濯で失敗してしまったネクタイは修復やお直しで活かすこともできる

ネクタイを洗って失敗してしまったり、又は、ネクタイの先が傷んでボロボロになっているような場合でも、お直しをして使うことができます。お気に入りのネクタイなら諦めずに、修復することを考えてみてください。

例えば、ネクタイの先が擦れてしまっている場合なら、先を内側に折り込んで、擦れてしまった部分を隠すように縫います。
幅が広めのネクタイの場合も、内側に折り込んでお直しをすることで、また使えるようになります。表から見てお直しがわからなければ問題ありません。

自宅で洗ったことでシワができてしまった場合もまた、アイロンを使ってシワを伸ばし形を整えることで、また以前のように使うことができます。

お気に入りのネクタイの洗濯を失敗してしまい、修復にも自信がない場合は、無理はしないでプロにお任せするようにしましょう。

ネクタイは日頃のお手入れをすることで長持ちがします。ネクタイをほどいた後はハンガーにかけて干しておきましょう。洋服ブラシをかけておくと更に良いです。

ネクタイを洗濯機で洗ってしまった場合以外でも、シワが気になった場合にはアイロンのスチームで元に戻すことができますので、ぜひ、試してみてください。