カーペットの洗濯はコインランドリーで安心簡単にできる

カーペットの洗濯をコインランドリーですると、一日で洗濯から乾燥までできるのでとても便利です。コインランドリーでのカーペットの洗濯の仕方も簡単なので、コツを掴めばいつでも安心して利用することができますよ。

ここでは、気になるコインランドリーでのカーペットの洗濯方法について、コインランドリーで洗濯する前の事前の確認やカーペットの入れ方と注意点、コインランドリーでの洗い方やそのポイント、料金を節約するためのコツなどお伝えしていきます。

これで、あなたも簡単にコインランドリーでカーペットを洗濯することができますし、安心して利用することができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの料金。カーペットの相場や節約するコツ

コインランドリーの料金については、カーペットをコインランドリーで洗うときに気になるポイントのひとつで...

カーペットを洗濯して黄色い粉が出てきた原因と対処法

カーペットを洗濯したら黄色い粉が発生したことはありませんか?洗濯したのにカーペットから黄色い粉が落ち...

カーペットの洗濯機の入れ方のコツやキレイに仕上げる洗い方

カーペットは洗濯機への入れ方に気をつけないと、キレイに洗うことができません。ぐちゃぐちゃなままで...

カーペットが洗濯機に入らないときの洗い方や綺麗にするコツ

カーペットが洗濯機に入らない場合、どうやって洗ったらいいのか悩みますよね。いつもは掃除機をかけて終わ...

カーペットの洗濯機での洗い方のコツや注意点とシミの対処法

カーペットの洗濯機での洗い方について、まずは丸洗いができるカーペットかどうかの確認が必要です。特に小...

コインランドリーの使い方!カーペットを丸洗いするコツとは

コインランドリーの使い方について、カーペットも洗うことができるのか気になりますよね。洗濯表示に問題が...

カーペットは洗濯せずに重曹でキレイにできる。コツや注意点とは

カーペットの洗濯したいときは、重曹がオススメです。重曹を使えば洗ったようにキレイにすることができます...

カーペットの洗濯を自宅でする方法と部分汚れの対処法のコツ

カーペットの洗濯は自宅でも条件が揃えばすることができます。洗濯機に入る大きさのカーペットなら自宅の洗...

スポンサーリンク

まずはコインランドリーで洗濯できるカーペットかサイズの確認を

小さな子供がいる家庭ではカーペットをリビングに敷いていることが多いですよね。そして子供が食べ物や飲み物をこぼしてしまうので汚れが気になります。カーペットをクリーニングに出すと仕上がりまで日にちもかかりますし、何より料金が高額なので躊躇してしまいますよね。そこでコインランドリーを利用してカーペットを洗濯しましょう。

カーペットをコインランドリーで洗濯するには洗濯出来るサイズか事前に確認しましょう。

裏面がゴム製のカーペットは熱に弱い

カーペットの種類も様々です。まずはカーペットの裏面の素材も確認しましょう。
ゴムの場合、ゴムの部分がボロボロになってしまい剥がれてしまう可能性があるので、乾燥機は使用しないようにしましょう。

カーペットのサイズに対応する洗濯機の目安

1畳で12kg、2~3畳で15kg洗濯機、6畳の場合は22kgの洗濯機で洗うことが出来ます。洗濯乾燥機の一体型の場合は、乾きやすくするために一回り大きなサイズを選ぶことをオススメします。

コインランドリーでカーペットを洗濯する場合は、コインランドリーの利用案内や説明書きをしっかり読んでから利用しましょう。

カーペットをコインランドリーで洗濯するなら入れ方に注意を

小さな子供がいると防音対策や寒さ対策でリビングにカーペットを敷いていることが多いです。しかしカーペットは素足で歩いたり、食べかすや髪の毛などがたくさん落ちてるので汚れています。掃除機をかけるだけでは汚れを取りきることはできません。カーペットなどの大きな物を自宅で洗うとなると労力もかかり、乾くまで時間もかかってしまいます。

そこでコインランドリー利用しましょう。コインランドリーならその日のうちにカーペットを敷くことが出来るので洗い替えのカーペットを用意する必要もありません。

コインランドリーの店舗によって設置されている洗濯機のサイズが異なるので、事前にどのくらいの容量の洗濯機が置いてあるのか確認しておくことをおすすめします。カーペットは大きなものなので大型洗濯乾燥機を設置してある店舗にしましょう。

カーペットをコインランドリーで洗濯する場合コツがあるので紹介します。

カーペットは屏風たたみにして大きめの洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れる

ネットに入れないと洗濯機が運転中にバランスを崩し停止してしまう可能性もあります。屏風たたみにすることで、カーペットにまんべんなく洗剤が行き渡ります。

洗濯乾燥機の中にはカーペットだけを入れる

料金もかかるので他の物も一緒に洗濯したくなってしまいます。しかし衣類にカーペットの色が移る可能性や汚れ落ちも悪くなるのでカーペットのみ入れましょう。

カーペットのコインランドリーでの洗い方とポイント

季節の変わり目などに大きな物を洗濯する人多いです。自宅で使用しているカーペットも洗える物が多いです。カーペットを洗う場合は、しっかりと洗濯表示を確認してから洗うようにしましょう。水洗い可能となっている場合は自宅やコインランドリーで洗うことができます。

カーペットのゴミは取り除いておく

まずコインランドリーにカーペットを持っていく前にしっかり埃と髪の毛を掃除機をかけて取り除きます。最低でも30分以上は掃除機をかけましょう。コインランドリーでカーペットを洗濯する目的の1つにダニを退治を目的にしている人もいます。ダニは水洗いだけでは死滅することはありません。

カーペットのダニの除去を目的としている場合

乾燥機にかけることです。ダニの弱点は50℃~60℃以上の高温で30分以上乾燥させることです。カーペットの大きさによって異なりますが、ほどんどのカーペットは40分~50分程度になります。

洗濯後のカーペットを乾燥機で早く乾かす裏技で節約にもなる

コインランドリーの乾燥機はガスで高温の風を大量に発生させるので短い時間で乾燥させることができます。

乾燥機が稼働時間に合わせて料金を投入するシステムになってします。出来るだけお金をかけずに早く乾かしたいですよね。

カーペットを早く乾かす裏技、乾いたバスタオルを1~2枚一緒に入れる

乾いたバスタオルを一緒に入れると、バスタオルがカーペットの水分を吸収してくれるのでカーペットが早く乾きます。

乾燥機の料金は店舗にもよりますが、8分~10分100円になっています。カーペットの乾き具合を確認しながら料金を投入し乾燥機を上手に使い乾かしましょう。

コインランドリーならカーペットの洗濯も簡単でオススメ

小さな子供がいたり、ペットを飼育しているとカーペットの汚れや臭いが気になりますよね。クリーニングに出すとかなり費用がかかってしまいますし、自宅で洗うのは大変です。しかしコインランドリーを利用するととても簡単にカーペットを洗濯することが出来ます。

カーペットの素材や作り方によってはコインランドリーで洗うことが出来ないものもあるので、洗濯表示はしっかりと確認してから持ち込みましょう。

カーペットはとても大きいので、洗濯、乾燥の一体型になっているものをオススメします。容量が小さいと汚れが取り除けないことや生乾きになってしまうこともあるので、サイズ選びには十分注意しましょう。

コインランドリーを利用すると、洗濯から乾燥まで一気に仕上げてくれるのでとても簡単で楽にカーペットを洗濯することができます。