コインランドリーの使い方!カーペットを丸洗いするコツとは

コインランドリーの使い方について、カーペットも洗うことができるのか気になりますよね。洗濯表示に問題がなければ、カーペットも簡単にコインランドリーで丸洗いできるのです。

ここでは、カーペットをスッキリ丸洗いするためのコインランドリーの使い方について、コツや注意点とコインランドリーの使い方のポイント、コインランドリーの乾燥機の注意点や使えないときの対処法などお伝えしていきましょう。

これで、あなたの家のカーペットも簡単に丸洗いできてスッキリしますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーペットの洗濯はコインランドリーで安心簡単にできる

カーペットの洗濯をコインランドリーですると、一日で洗濯から乾燥までできるのでとても便利です。コインラ...

カーペットを洗濯して黄色い粉が出てきた原因と対処法

カーペットを洗濯したら黄色い粉が発生したことはありませんか?洗濯したのにカーペットから黄色い粉が落ち...

カーペットは洗濯せずに重曹でキレイにできる。コツや注意点とは

カーペットの洗濯したいときは、重曹がオススメです。重曹を使えば洗ったようにキレイにすることができます...

カーペットが洗濯機に入らないときの洗い方や綺麗にするコツ

カーペットが洗濯機に入らない場合、どうやって洗ったらいいのか悩みますよね。いつもは掃除機をかけて終わ...

カーペットの洗濯機での洗い方のコツや注意点とシミの対処法

カーペットの洗濯機での洗い方について、まずは丸洗いができるカーペットかどうかの確認が必要です。特に小...

カーペットの洗濯を自宅でする方法と部分汚れの対処法のコツ

カーペットの洗濯は自宅でも条件が揃えばすることができます。洗濯機に入る大きさのカーペットなら自宅の洗...

コインランドリーの料金。カーペットの相場や節約するコツ

コインランドリーの料金については、カーペットをコインランドリーで洗うときに気になるポイントのひとつで...

カーペットの洗濯機の入れ方のコツやキレイに仕上げる洗い方

カーペットは洗濯機への入れ方に気をつけないと、キレイに洗うことができません。ぐちゃぐちゃなままで...

スポンサーリンク

カーペットをコインランドリーで洗うなら入れ方にコツが

リビングにカーペットを敷いている家庭は多いですよね。カーペットには食べこぼしや糸くず、髪の毛などカーペットにはたくさんの汚れがついています。掃除機や粘着テープで掃除をしていますが汚れやシミが気になりますよね。洗濯をしたいと思う人も多いですが自宅の洗濯機で洗うことが難しいですし、クリーニングは高いし時間もかかります。でもコインランドリーならカーペットをすぐに洗うことが出来ることを知っていますか?

コインランドリーを利用したことがない人は本当に洗うことが出来るのか不安になりますよね。コインランドリーによっては設置されている洗濯機や乾燥機のサイズが異なります。店舗によっては布団が洗える大型洗濯乾燥機がある店舗もあるので布団が洗える店舗を探しましょう。

カーペットをコインランドリーで上手に洗うコツを紹介します。

  1. 屏風たたみにして大きめのネットに入れて洗濯機に入れます。ぐしゃぐしゃに入れてしまうと、洗濯している途中で重さのバランスが崩れてしまうので、洗濯機が止まってしまう可能性があります。屏風にすることでまんべんなく洗剤が行き渡るので入れ方には注意が必要です。
  2. 大きめの洗濯乾燥機にカーペットのみを入れる。大きめの洗濯乾燥機を使うので勿体無いので他の洗濯物を入れたい気持ちになりますが、絶対に入れないことです。衣類も一緒に洗濯をすると衣類にカーペットの色が移ってしまう可能性や、汚れが落ちにくくなり乾燥も十分にできない可能性があるので他の洗濯物は入れないようにしましょう。

コインランドリーでカーペットを洗う時に気をつけたいポイント

  • 裏面がゴム製のものは熱に弱いので乾燥機が使えません。そしてコインランドリーに持っていく前に自宅でしっかりと掃除機をかけて、埃を落として置くようにしましょう。少しでも汚れを落として置くことで洗剤がカーペットに行き渡りやすくなるので、汚れやシミが落ちやすくなります。
  • 30分以上乾燥機にかけることです。コインランドリーを利用する人の中にはダニ退治が目的の人もいます。ダニは洗濯だけでは退治することはできません。ダニは50℃~60℃以上の高温で30分以上乾燥させることで退治することが出来ます。

カーペットを洗うときのコインランドリーの使い方

コインランドリーを利用したことがない人は、コインランドリーでどのような物が洗えるのか気になりますよね。衣類はもちろん店舗によっては靴、布団やカーペットなどの大きな物まで洗うことが出来ます。クリーニングに出すよりも低料金で仕上がるのが魅力の1つです。

コインランドリーでカーペットを洗う場合は、素材が弱く洗えない場合もあるので、裏地についている洗濯表示を確認しましょう。

使用しているカーペットのサイズで洗濯機の大きさを決める必要があります。店舗によっては衣類などの小容量サイズのみのコインランドリーもあるのでカーペットを洗う場合は下見をしておくことをおすすめします。

カーペットのサイズが3畳以下の場合は12Kg~15kgの小容量や中容量で丸洗いが出来ます。6畳になると大容量洗濯機にしましょう。サイズによって料金も異なります。どのサイズの洗濯機でも洗濯にかかる時間は30分~40分です。

コインランドリーでカーペットを洗う時の洗濯機の使い方

カーペットを軽く折りたたみ、洗濯機に入れる。カーペットが洗濯槽の3分に2程度に収まるようにします。洗濯機の容量に対してカーペットが大きい場合は、水が十分に入らずすすぎ不足になってしまい、汚れや洗剤が落ちにくくなります。容量には気をつけるようにしましょう。

コインランドリーの使い方は、洗濯機に入れて運転を始めます。洗濯が終わったら乾燥機に移して、40分を目安に乾燥をかけます。乾き具合を確認し乾きが足りない場合は追加で乾燥をかけるようにしましょう。

コインランドリーの乾燥機を使ってカーペットを乾かす注意点と使い方

カーペットを洗濯した後は乾燥機にかけて乾かします。乾燥機を掛ける前に洗濯表示のタグをしっかりと確認する必要があります。シルクやウール素材が使われているカーペットは洗濯自体ができません。この素材を乾燥機にかけてしまうと品質が変わってしまいますので、乾燥機にかけるのはやめましょう。その他カーペットの裏地がゴムになっているものや、カーペットの表面と裏地が糊付けされているカーペットも乾燥機には向いていません。乾燥機をかけることのできないカーペットはクリーニングに出すことをおすすめします。

洗濯が終わったら、乾燥機に入れて乾燥させます。コインランドリーの乾燥機はお金を入れ料金に応じて動く仕組みになっています。しっかり乾かさないとカーペットが臭ってしまったり、カビが発生してしまう原因になるのでしっかり乾かすようにしましょう。

コインランドリーで失敗しないための確認や使えないときの対処法

カーペットは防音や床からの冷えを防ぐために敷いている人が多いですが、食べこぼしなどで意外と汚れています。自宅では洗うことの出来ない大きさになると、クリーニング店に持ち込むか、コインランドリーを利用して洗濯をすることになります。

コインランドリーでカーペットを洗濯をする時に失敗しないコツを紹介します。

コインランドリーを利用する場合は、まず洗濯表示をしっかり確認します。そしてたたみ方や入れ方に注意すると失敗するリスクは少ないです。洗濯表示タグに水洗い不可の表示があるカーペットをコインランドリーで洗うと、繊維が縮んでしまったり、染料が落ちてしまい、肌触りが悪くなってしまう可能性もあります。

又乾燥機に入れることができないカーペットを乾燥機に入れてしまうと、裏地がボロボロになってしまうこともあるのです。このような残念なことにならないようにコインランドリーでカーペットを洗濯する場合はしっかりと洗濯表示を確認するようにしましょう。

カーペットを簡単キレイに!コインランドリーの使い方のコツ

なかなか洗濯をすることの少ないカーペット。掃除機は毎日かけますが、カーペットの洗濯の頻度は少ないですよね。クリーニングに出すと時間もお金もたくさんかかります。そんな時はコインランドリーを利用してカーペットを洗いましょう。

コインランドリーを利用するメリットは、染み込んだ汚れまで落とすことが出来ることと、ダニなどを退治できます。そして洗濯をしてすぐに使用することが出来ることです。いつでも清潔なカーペットを使用することができます。

コインランドリーでカーペットを洗う方法はとても簡単です。洗濯機に入る大きさに畳みます。表面が外側になるように、2つ折り、3つ折りにたたみ端から筒状に丸めます。その後洗濯機に入れて、洗濯が終わると乾燥させます。乾燥はカーペットの乾き具合によって時間を延長することができます。意外と簡単にカーペットの洗濯をすることが出来ますので、是非コインランドリーを利用してカーペットを綺麗にしてみましょう。