レーヨンが洗濯で縮んだ原因や対処法と正しい手洗い方法

レーヨンが洗濯することによって縮んだという経験はありませんか?お気に入りのレーヨン素材の洋服が洗濯で縮んでしまったら、とてもショックですよね。レーヨン素材の洋服は洗濯すると縮みやすいので、お気に入りのものはクリーニングに出すのがオススメではありますが、コツを掴めば自分で洗濯することも可能なのです。

ここでは、そんなレーヨン素材の正しい洗濯方法について、レーヨン素材が洗濯で縮んだ原因やレーヨン素材を縮ませない正しい手洗い方法、洗濯をして縮んだレーヨンを回復させるための対処法などお伝えしていきます。

これで、あなたも洗濯での縮みに恐れずに、レーヨン素材の洋服を自分で洗濯することができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レーヨンを洗濯してゴワゴワになったら使える裏技と洗うコツ

レーヨンは洗濯するとゴワゴワになって縮みやすい素材です。いつもは柔らかくて軽い肌触りだったレーヨンの...

レーヨンを洗濯して縮むのを防ぐ洗い方のコツと戻し方

レーヨンは洗濯することで縮むことがあります。それは、レーヨンは水に弱い素材だからです。でも、自宅で洗...

レーヨンの洗濯のしわを取る方法と洗い方のコツや注意点を紹介

レーヨンは洗濯することで、しわになりやすい素材です。光沢もあり肌触りもいいので、レーヨンの洋服が...

レーヨンの洗濯は洗剤や注意点に気をつければ自分でもできる

レーヨンを洗濯するには、洗剤はどんなものを使ったらいいのか悩みますよね。レーヨン素材の洋服は光沢...

スポンサーリンク

レーヨン素材が洗濯で縮んだ原因は水に弱いから

レーヨンは柔らかい生地で肌触りが良く、光沢があって、レーヨン素材の洋服は高級感を感じさせます。
レーヨンはシルクのような質感ですが化学繊維で、木材パルプの中の繊維質から出来ているので、天然由来の化学繊維とも言えるでしょう。

レーヨンはデリケートな素材で、水に弱いという特徴があります。水に濡れることで生地の強度が落ちてしまったり縮みを起こしてしまいます。水がついた部分には水しみが出来てしまう場合もありますので、レーヨンは家庭での水洗いには不向きの素材になります。
水洗いをして縮んでしまった原因は、レーヨンの素材の特徴にあります。レーヨンは吸水性があるため、水につけると繊維が水を吸収します。水を含んだ繊維は膨らんで太くなり、繊維同士が狭くなってしまいます。乾いた時に糸の太さは元の細さに戻りますが、繊維同士の間隔は狭くなったままなので、全体的に縮んでしまいます。
大人のサイズの衣服が子どもサイズくらいに縮む場合もあります。

レーヨンを水洗いすると、縮みの他にもシワができてしまいます。また、色落ちもしやすいので、家庭でレーヨン素材を洗う場合は注意が必要です。

レーヨン素材を縮ませない正しい手洗い方法

レーヨンの中でも家庭で洗うことができるものもあります。

レーヨンを洗濯したい場合は、必ず洗濯表示を確認してください。

洗濯表示の中で、洗い方のマークがある場合は家で洗濯をすることができます。洗い方のマークにバツ印がついている場合は、家で洗濯をすることができませんので、その場合はクリーニングに出してください。

レーヨン素材を洗うときは、他の衣類とは別にして、手洗いをするようにしましょう。長く水につけてしまうと縮みの原因になりますので、素早く洗うことが重要です。

レーヨン素材を洗う前にすること

レーヨン素材を洗うときは、普通の洗濯洗剤ではなく、中性洗剤を使います。洗濯用の中性洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤で、代表的なものにアクロンやエマールなどがあります。

洗う前に色落ちを確認します。レーヨンの洋服の目立たない場所に中性洗剤の原液を少量だけつけます。10分ほどおいてから、白いタオルなどで洗剤をつけた部分をおさえてみてください。タオルに色が移っていないかどうかを確かめます。

レーヨン素材の手洗い方法

タライや大きめの洗面器などに水を入れて、中性洗剤を入れて溶かします。

レーヨン素材の衣服を軽く畳んでから、洗剤を溶かした水に入れます。優しく押し洗いしてください。長く水につけておかないためにも、30秒ほどで十分です。

キレイな水に替えて、すすぎます。洗うときと同様に軽く押し洗いするようにしてすすぎます。時間も短めにしてください。
水を替えてからもう一度、すすいだら完了です。

レーヨン素材はシワになりやすいので絞らない方が良いです。脱水は洗濯機に入れて30秒ほどでとめてください。

干すときは優しく引っ張りながら形を整えてから、陰干しをします。直射日光に当てることで変色してしまいますので、必ず日陰に干すようにしてください。
平干しをしても良いですが、ハンガーにかけることで縮むのを防ぐことができます。

洗濯をして縮んだレーヨンはアイロンで回復することも

レーヨン素材は水につけることで縮んでしまう性質があります。気をつけて洗濯をしていても、何度か洗っていくうちに、どうしても縮んでしまうことも多いです。

洗濯で縮んでしまったレーヨン素材の衣服は、アイロンを使って回復させることができます。

アイロンで生地を伸ばすことで、縮みを元に戻すことができます。

レーヨン素材のものにアイロンをかける場合は、アイロンの温度設定は低温にします。
衣服を軽く引っ張りながら、アイロンを直接生地には当てずに浮かして当てていきます。生地を軽く伸ばすようにして、元の大きさに戻します。

レーヨンはシワにもなりやすいので、洗ったことでできた小さなシワもアイロンで伸ばすことができます。アイロンを当てるときは、必ずあて布をしてください。
水に弱い素材のため、スチームは使わないようにします。

リンスを使って洗濯で縮んだレーヨンを元に戻す方法

レーヨン素材の衣服が縮んでしまったら、リンスを使って元の戻すこともできます。
リンスはシリコン入のものを使うようにしてください。ノンシリコンのものは効果がありません。リンスに含まれているシリコン成分は、繊維を真っ直ぐにする効果があります。

リンスを使ってレーヨンの縮みを戻す方法

タライや大きめの洗面器にぬるま湯を入れ、シリコン入のリンスも入れて溶かします。
レーヨン素材の衣服を入れて軽く押し洗いをしてから、30分位つけておきます。
洗濯機で30~40秒ほど脱水をしたら、形を整えてからハンガーにかけて陰干しをします。
リンスにつけておくだけで、縮みが戻り生地も柔らかくなります。

レーヨンは水につけることで縮んでしまいますので、30分以上つけておくことはしないようにしてください。
また、シワにもなりやすいので、脱水は短めにして、絞らないようにするのもポイントです。

干す時は繊維を伸ばす感じにして形を整えてください。完全に元の大きさに戻らなくても、着ることができるくらいには戻すことができます。

レーヨンに合ったケア方法で自宅で簡単に洗濯できる

レーヨン素材はクリーニングに出した方が安心とは言っても、低価格で購入した衣服などは、クリーニング代がもったいなく感じてしまいます。

レーヨン100%の素材でも、特徴をおさえてコツさえつかめば、家でも洗うことができます。

レーヨン100%を洗う場合のポイント

  • 洗剤は中性洗剤を使います。ドライコースや手洗いコースで使うおしゃれ着洗い用の洗剤です。エマールやアクロンなどが有名です。
  • 水に長くつけないようにして、素早く洗います。水につけることで縮んだりシワができたりします。洗うときもすすぐときも、20~30秒程度にしましょう。
  • 洗う時は押し洗いをします。衣服を軽く畳んでから洗うと良いです。
  • 脱水も短めにします。絞らないようにして、洗濯機で軽く脱水をします。30秒程度で十分です。
  • 干す時は陰干しをします。日光に当てることで変色してしまいますので、必ず日陰に干すようにしましょう。軽く引っ張って生地を伸ばし、形を整えてからハンガーを使って干すのもポイントです。
  • アイロンをかけるときは、低温~中温にして、必ずあて布を使います。スチームを使うことは避けましょう。

レーヨン素材の特徴でもある光沢や質感を損なうことなく、長く着ることができるように、お洗濯もちょっとしたポイントをおさえて大切に扱ってくださいね。