レーヨンの洗濯は洗剤や注意点に気をつければ自分でもできる

レーヨンを洗濯するには、洗剤はどんなものを使ったらいいのか悩みますよね。
レーヨン素材の洋服は光沢もあり、サラッとしているので軽くて着心地も良いので、お気に入りという人も多いでしょう。
そんなお気に入りのレーヨン素材の洋服を自分で洗濯するなら、失敗せずに上手に洗いたいですよね。

ここでは、レーヨン素材の洋服を洗濯する方法について、レーヨンを洗濯するときに適切な洗剤や優しく手洗いする方法、どうしてもレーヨン素材のものを自宅で洗濯したいときの対処法や注意点、気になる収納方法などお伝えしていきましょう。

これを読めば、お気に入りのレーヨンの洋服も簡単に自分で洗濯することができますし、ずっと長く愛用することもできますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レーヨンを洗濯して縮むのを防ぐ洗い方のコツと戻し方

レーヨンは洗濯することで縮むことがあります。それは、レーヨンは水に弱い素材だからです。でも、自宅で洗...

レーヨンが洗濯で縮んだ原因や対処法と正しい手洗い方法

レーヨンが洗濯することによって縮んだという経験はありませんか?お気に入りのレーヨン素材の洋服が洗濯で...

レーヨンの洗濯のしわを取る方法と洗い方のコツや注意点を紹介

レーヨンは洗濯することで、しわになりやすい素材です。光沢もあり肌触りもいいので、レーヨンの洋服が...

レーヨンを洗濯してゴワゴワになったら使える裏技と洗うコツ

レーヨンは洗濯するとゴワゴワになって縮みやすい素材です。いつもは柔らかくて軽い肌触りだったレーヨンの...

スポンサーリンク

レーヨンの洗濯にはおしゃれ着洗いの洗剤を

レーヨン素材の衣類は自宅での洗濯が難しいので、クリーニングに出している人も多いですよね。レーヨンは天然の原料を使っているので、吸湿性があり、さらっとした肌触りが特徴です。レーヨンはカーテンや、肌着や下着、ブラウス、シャツなどとして使用されています。レーヨンは肌触りもいいので、暑い夏の時期にはぴったりの素材になります。1着持っていると役に立つ素材になります。

レーヨン素材の衣類を自宅で洗濯をする場合

1.水洗い可能かどうか洗濯表示を見て確認しましょう。水洗いが可能な場合、中性洗剤を使用して洗うことができます。

2.色柄物の場合は、念のため中性洗剤の原液を目立たない場所につけ、色移りしないか確認してから洗うようにしましょう。色落ちする場合は他の衣類を別に洗濯をしましょう。
3.洗濯機で洗う場合は、ドライコースか手洗いコースを選びます。洗剤は中性洗剤を使用します。洋服をたたみ、型崩れしないように洗濯ネットに入れます。汚れている部分を外側にしてネットに入れます。洗濯終了後はすぐに取り出し、陰干しをしましょう。

レーヨン素材の洗濯が心配なら中性洗剤で優しく手洗いがオススメ

レーヨン素材のお気に入りの洋服を洗濯機に入れて、洗濯するのは不安に思う場合もあります。不安な場合は手洗いをすることをオススメします。時間を調節することが出来るので、生地への負担が少なくなります。レーヨン素材の衣類を手洗いする場合は、スピードが大切になります。

【用意するもの】

  • 中性洗剤
  • 洗濯ネット
  • 洗面器
  • バスタオル
  • 平干しネット

【洗濯方法】

  1. 洗面器に水をためて中性洗剤を入れる。
  2. 服を入れて押し洗いする。優しく洗うことを意識します。絶対に衣類をこすり洗いしないようにしましょう。
  3. 洗面器に綺麗な水を入れ、泡がなくなるまで優しくすすぐ。
  4. 大きめのバスタオルに服を挟み軽く水分を取り除く。
  5. 軽くシワを伸ばし、風通しのいい場所に干す。

レーヨンは形の変わりやすい素材なので、ハンガーにかけて吊るすと伸びてしまい形が戻らなくなってしまいます。ネットを利用して平干しするようにしましょう。オススメは窓を開けて室内干しすることです。

レーヨンの混合率が低い場合は中性洗剤で短時間の手洗いを

レーヨン素材の衣類は、ドライクリーニングに出すことが多いです。
もし自宅で洗濯する場合は、水洗いが出来るか確認しましょう。
レーヨン素材にも使える洗濯洗剤は、ほとんどは業務用になりますが通信販売などで手に入れることができます。

レーヨンの混合率が低い場合は、中性洗剤を使い洗濯をする方法があります。
中性洗剤を使用して洗濯をする場合は、水につけている時間をできるだけ短くすることです。
短い時間でさっと洗い、すすぎ、脱水をして干すことがポイントになります。

レーヨンは水に濡れると縮んでしまいます。
縮んでしまう前に1~2分以内で洗いすすぐようにしましょう。
衣類についた汗をすすぐようなイメージで洗います。大切なポイントは縮みきる前に洗い上げることです。

レーヨンは水に弱いので洗濯と乾燥に注意を

シルクに似た光沢、肌触りが特徴のレーヨンです。レーヨンはとにかく水に弱い素材で、水分を含むと糸同士が引っ張る力が強くなるので縮みやすくなります。レーヨンやシルクの素材に起きやすい、ウォータースポット現象が起きやすいです。水シミのことで、雨に濡れた時などに塗料などが溶けて、濡れた部分と濡れていない部分境に輪シミが出来ることもあります。そのようにならないためには、自分で撥水スプレーする、撥水加工済みの物を選ぶようにしましょう。

レーヨンは雨に濡れるとシワになりやすく、水に濡れると弱い素材なのでレーヨンの衣類は雨の日は出来るだけ着ないようにしましょう。一度着た服は関節部分が伸びていたり、汗を吸い湿っていたり形が崩れやすい状態になっています。1回着たら1日以上は干して休ませるようにします。時間が経つと繊維のよれやシワが元に戻ります。そうすることで洗濯をする機会を減らすことが出来ます。

レーヨンを綺麗に洗濯したら収納にも気をつけよう

衣替えの季節になり、衣装ケースやタンスにしまってある衣類を出してみると、穴が空いていることがあります。虫食いのイメージが強いセーターなどのウール素材などの動物繊維だけなく、レーヨンなどの半合成繊維、ポリエステルなどの合成繊維も虫食いの被害にあうこともあります。

虫食い被害に合わないためには、しっかりとした対策が必要になります。

レーヨン素材の衣類を自宅で綺麗に洗濯をし、しっかり守るようにしましょう。
レーヨンは湿度がある場所に保管してしまうと、衣替えで出した時に縮んでいることもあります。
そのため防虫剤や乾燥剤は必ず一緒に入れ、しっかり守るようにしましょう。
収納する前はしっかり乾燥させることが大切です。直射日光が当たると変色したりしてしまうので、陰干しをしましょう。