スーツはハンガーの掛け方次第で長持ちさせることができる

スーツはハンガーの掛け方や保管の仕方によって、長持ちさせることができます。
大切なスーツだからこそ、ハンガーの掛け方や選び方には気をつけましょう。
もちろん、スーツを着用したとの手入れもスーツを長持ちさせるためにはかかせません。

そこで、大切なスーツを長持ちさせるための方法について、スーツを長持ちさせるハンガーの掛け方のコツやスーツの寿命が伸びる保管方法、ハンガーの正しい最適な選び方や、スーツにシワがついてしまったときの対処法、スーツを長持ちさせるための手入れ方法などお伝えしていきます。

これで、お気に入りのスーツを上手にハンガーに掛けて保管することもできますし、スーツの寿命も伸びてシワなく気持ち良く着ることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーツの洗濯を自宅でするときの注意点や洗い方と長持ち対策

スーツの洗濯が自宅でもできたらクリーニングの費用も節約できるし、いつも清潔なスーツを着ることができま...

【クリーニング料金】スーツの相場やお得にする店選びのポイント

クリーニングの料金については、スーツを出したいけど気になるところ。できれば安くクリーニングに出したい...

スーツの洗濯頻度の目安や節約法と長く使うための注意点

スーツの洗濯頻度については、スーツの着用頻度や汚れ具合によっても違いますよね。いつも仕事でスーツ...

スポンサーリンク

スーツを長持ちさせるハンガーの掛け方のコツ

男性で一人暮らしをしている方は、日常的にスーツを着ている方が多くいますよね。
仕事から帰ってきてハンガーにスーツを掛けると思いますが、スーツを長持ちさせるためには、適切な掛け方を知っておくべきだと思います。

ジャケットを長持ちさせる為の掛け方について

まずハンガー選びですが、肩の丸みを壊したくないので、肩の部分に丸みがあるものを選びましょう。
その丸みの厚さですが、3cm位を目安にします。
木製のものを選んで、ハンガーの幅がスーツの幅に近いものを選んでいきます。

パンツを長持ちさせる為の掛け方について

落ちない方法は、裾の方が長くなるようにかけることです。また、滑り止めストッパーがついているのなら、それも使用していきましょう。

スーツの寿命が伸びるのはハンガーの掛け方次第

社会人の方が毎日使用するスーツですが、できるだけ長く使っていきたいですよね。スーツもお金がかかりますし、経済的に済ませる為にも、一着につき、長く使用しておきたいと思います。

それにはハンガーの掛け方も関係してくるんです。

正しくハンガーにかけないと、形が崩れたり、カビが生えたり、虫に食われてしまいます。
そうすると、新しいスーツを購入しなくてはいけなくなります。

  • スーツを数着用意する
    同じスーツを着ていたら、さすがに寿命も短くなります。スーツは数着用意しましょう。
  • それぞれのハンガーにかける
    ジャケットはジャケット専用のハンガー、パンツはクリップ付きのハンガーにかけましょう。

ハンガーの掛け方や選び方でスーツはシワなく着心地も良い

スーツを長持ちさせたいと思ったら、ハンガーの掛け方や選び方にこだわっていきましょう。

例えばですが、あなたが持っているジャケットに大きすぎるハンガーを使用したら、袖の部分の形が壊れてしまいます。
小さすぎるハンガーでは、肩の部分がハンガーとずれてしまうので、ジャケットの形も崩れてしまいます。

それを避けるためにも、ハンガーも正しいサイズのものを用意していきましょう。また、ハンガーにもさまざまな種類にものがあります。スーツ、ジャケット用だけではなく、コート用などもあるんです。
スーツの用途にあったものを使用することも、スーツを長持ちさせる秘訣になります。

特にスーツのパンツは、挟む部分にスポンジがついているものを選びましょう。
このタイプのハンガーを選ぶことによって、パンツの美しさが強調されていきます。

ジャケットの場合は、ハンガーの幅とジャケットの肩の縫い目が同じ位のものを選んで下さい。そうすることにより、ジャケットの肩の部分が崩れなくて済みます。

スーツにシワがついてしまったときの対処法とは

大切にしていたスーツにシワがついてしまった時ですが、霧吹きをしたら、そのシワは取れるのだろうか?と思うことはありませんか?

軽いものであれば、霧吹きをすれば取れます。

霧吹きをして、1時間位待ってみましょう。軽いシワであれば、これで対応できます。

あなたの手元にあるスーツにシワができてしまっているのであれば、まず、その方法に挑戦していきましょう。
シワ取り専用のスプレーもあるので、そのようなスプレーを利用してみるのも、シワ取りには便利なアイテムになってきます。

でも、そのシワが重い場合には霧吹きでは対応できないと思います。
そんな時には、家にあるスチームアイロンを使用していきましょう。

そのままアイロンにかけるのではなく、スーツを浮かせた状態でアイロンをかけていき、あて布をしながらゆっくりとかけていきましょう。

アイロンをかければ、スーツについてしまったシワもとれていると思います。
これで、またスーツを着用することができますね。

大切なスーツには正しい手入れ方法で長持ちさせましょう

社会人の方は、「礼儀」として、綺麗にしているスーツを毎日着る必要があります。
スーツじゃ正しい手入れ方法を取得していれば、長く持たせることができます。

ブラッシンをきちんと行う

仕事から帰ってきてスーツを脱いだら、その後は上から下へとブラッシングをして、ホコリをとっていきます。
次に、下から上へとブラッシングし、もう一度上から下へとブラッシングしていきます。
ブラッシングを行う箇所は、襟、肩周り、またはポケットの中も綺麗にしていきます。

スーツも毎日着ていると、あまり長持ちしません。
上記でも触れてはいますが、スーツも数着用意し、一日着たら、一日休ませていきましょう。
ブラッシングなどの手入れをきちんとしていれば、スーツの寿命は伸びます。

ここでは、スーツをハンガーに掛ける時にはスーツの肩の部分の丸みを崩さないようにするには、適切なハンガーを選ばなくてはいけないことなど、スーツの寿命を伸ばす方法を紹介してきました。シワのとり方なども説明してきたので、もし、あなたのスーツにシワがある場合には、ぜひ実践して見て下さい。ブラッシングなども怠らずに、一着につきのスーツの寿命を縮めないようにして下さいね。