【クリーニング料金】スーツの相場やお得にする店選びのポイント

クリーニングの料金については、スーツを出したいけど気になるところ。できれば安くクリーニングに出したいけど、どこのクリーニング屋さんに出すのがいいのか悩みますよね。

ここでは、気になるスーツのクリーニング料金の相場やスーツのクリーニング料金がお得なチェーン店での相場や特徴、忙しいときの宅配クリーニングのススメやクリーニング料金が節約できる方法、価格にも仕上がりにも満足するためのお店選びのポイントなどお伝えしていきましょう。

これで、スーツを初めてクリーニングに出すときでも悩まずにお店選びもできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーツの洗濯を自宅でするときの注意点や洗い方と長持ち対策

スーツの洗濯が自宅でもできたらクリーニングの費用も節約できるし、いつも清潔なスーツを着ることができま...

スーツの洗濯頻度の目安や節約法と長く使うための注意点

スーツの洗濯頻度については、スーツの着用頻度や汚れ具合によっても違いますよね。いつも仕事でスーツ...

スーツはハンガーの掛け方次第で長持ちさせることができる

スーツはハンガーの掛け方や保管の仕方によって、長持ちさせることができます。大切なスーツだからこそ...

スポンサーリンク

スーツのクリーニング料金の相場とは

スーツをクリーニングに出したいけれど、なんとなく高そうな感じがして心配になりますよね。ジャケットとパンツの2点になるし、素材も冬物だとウールが入っているので、クリーニング代も高価なイメージがあります。

スーツのクリーニング代は、クリーニング店によっても違います。仕上がり重視の高級クリーニング店の場合だと3000~5000円位とかなり高価になっています。
一般的なクリーニング店では大体1000~2000円の範囲内というところが多いようです。全国チェーンで展開しているクリーニング店では、スーツのクリーニング代は1000円程度となっています。

スーツをクリーニングに出す場合は、スーツの素材や購入価格も考慮した上で、クリーニング店を選んだほうが良さそうです。
オーダーメイドで何万もかけて作ったスーツなら、高級クリーニングに出した方が良いでしょうが、一般的な価格のスーツならクリーニング代を抑えても良いでしょう。

クリーニング代を少しでも抑えたいのなら、クリーニング店で行っている割引セールやクーポンを利用するのも手です。
通常のクリーニング代が1500円の場合なら、30%オフの時に出すと1050円とかなりお得になります。

クリーニング店の割引セールは衣替えの時期に行うことが多いので、利用しているクリーニング店の情報をチェックしてみてください。
今週はセーターなどのニット、翌週はスーツなど、アイテムごとに割引セールを行っているクリーニング店もあります。

また、20%引きなどのクーポンの場合は、スーツのようなクリーニング代が高めのものに使うと良いでしょう。スーツの他にも、スーツの上に着るコートやオーバーなどもクリーニング代が高めなので、それらを出す時にクーポンを使用するとお得になります。

スーツのクリーニング料金はチェーン店がお得

クリーニング代を少しでも抑えたいのなら、全国チェーンで展開しているようなクリーニング店がオススメです。
個人経営しているクリーニング店に比べると、クリーニング代も割安になっています。
チェーン店の場合、スーツのクリーニング代は大体1000円程度です。割引セールを行っているタイミングで出すと、30%オフなら700円くらいになります。
割引セールを行っている時やクーポンを利用するだけで、クリーニング代をかなり安くすることができます。

チェーン展開しているクリーニング店の場合は、預かった衣類をクリーニング工場へ運び、クリーニング作業の工程がライン化されています。1着にかける時間は個人のクリーニング店に比べて短縮されるため、仕上がりのスピードも早くなります。
スーツをクリーニングから早く引き取りたい時もまた、チェーン店に出した方が良いと言えるでしょう。

クリーニング代が安くできた分、オプションをつけて仕上がりのグレードアップをしてみるの良いと思います。
特にスーツの場合は撥水加工をつけることをオススメします。撥水加工は生地の中に水分が浸透するのを防ぐ効果がありますので、雨の日の泥はねや食べこぼしなどからスーツを守ってくれます。

忙しいときはスーツの宅配クリーニングが便利

近くにクリーニング店が無いという方や、仕事が忙しくてクリーニング店の営業時間内に行くことができない、引き取りに行くのも難しいという方なら、宅配クリーニングを利用すると良いでしょう。
宅配クリーニングは、自分でクリーニング店へ出向くのではなく、クリーニングしてほしい衣類を宅配で送り、仕上がった後に宅配で送り返してくれるサービスです。

宅配クリーニングはインターネットで申し込むことができるので、深夜でも申し込むことができますし、料金の設定もホームページ上で明確になっていて安心です。
クリーニング店によっては、仕上がりに納得ができない場合は、再仕上げをしてくれるお店もあります。

宅配クリーニングを利用した場合のクリーニング代金は、1000~2000円程度が相場となっています。ただし、クリーニング代の他に送料が別にかかってしまう場合もあります。
宅配クリーニングを利用するときは、クリーニング代だけではなく送料などの別料金にも気をつけて調べた上で、申し込むようにしてください。

クリーニング料金を抑えるなら洗えるスーツがおすすめ

スーツをクリーニングに出す回数が多い人なら、クリーニング代にかかる費用も大変になってくると思います。少しでもクリーニング代を抑えるためにも、洗えるスーツを選ぶのも良い方法だと思います。

大手スーツ販売店でも、洗えるスーツを販売しています。価格も1着が4万円位からとなっていますので、クリーニングにかかる費用を考えるとお得な感じもします。

洗えるスーツは、家庭で洗濯をしても型崩れしないような加工が施されていますので、自宅で丸洗いをすることができます。
他にも、洗剤を使わずに温水シャワーで汚れを落とせるというスーツもあります。

汗をよくかく夏場や花粉が気になる時期などは、スーツを丸洗いすることができるのはとても魅力です。汗やシミがついた場合に自宅で洗えるのなら、スーツをキレイに保つことができます。また、クリーニングにかかる日数や手間が気になる方にも、洗えるスーツの方が便利かと思います。

クリーニングは料金だけでなく店選びも大事

クリーニング代を少しでも抑えたい場合は、チェーン展開しているクリーニング店を利用するのが一番お得でしょう。特に割引セールやクーポンなどを利用すると、かなり安くすることができます。クリーニングにかかる日数も、個人で経営しているクリーニング店に比べると早く仕上がることが多いです。

クリーニングの仕上がりを重視する場合は、多少高くなってしまっても上手なお店に出した方が良いでしょう。高価なスーツの場合はクリーニング代が高めでも、仕上がりに力を入れているクリーニング店の方が安心です。

クリーニング店によって仕上がりのクオリティに差がありますので、クリーニングに出したい衣類によってクリーニング店を使い分けるのが良いかと思います。

また、チェーン展開しているクリーニング店でも、オプションをつけて仕上がりを良くするという方法もあります。撥水加工や防水加工をつけるだけでもスーツの汚れを防いで長持ちさせることができますし、汚れが気になるときは汗抜きコースなどを選ぶという方法もあります。

気になるシミがある場合は、クリーニング店で相談すると良いです。そのシミが食べ物によるものなのか原因がわかるのなら、それを伝えておきましょう。

スーツを長持ちさせるためには、普段からのお手入れも大切です。シミをつけてしまった場合は、すぐに対処した方が汚れが落としやすくなります。

スーツを脱いだ後はすぐにハンガーにかけ、洋服ブラシをかけてホコリなどを落としておきます。
同じスーツを毎日着るのは避け、1日着たら1日休ませるようにすることも大切です。

クリーニング代を抑えるためにも、クリーニング店を上手に利用して、お手入れも忘れずにしてくださいね。