スーツの洗濯を自宅でするときの注意点や洗い方と長持ち対策

スーツの洗濯が自宅でもできたらクリーニングの費用も節約できるし、いつも清潔なスーツを着ることができます。
まずは、あなたのスーツが洗ってもいいスーツかどうかを調べてみましょう。

ここでは、スーツを自宅で洗濯することについて、洗う前の事前の確認や注意点、洗濯機を使って自宅でも簡単に洗う方法やアイロンのかけ方、スーツを長持ちさせるための毎日のケア方法などお伝えしていきます。

これで、スーツを自宅でも簡単に洗濯できますし、大切なスーツを長持ちさせることもできるでしょう。もちろんクリーニング費用の節約にもなるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーツの洗濯頻度の目安や節約法と長く使うための注意点

スーツの洗濯頻度については、スーツの着用頻度や汚れ具合によっても違いますよね。いつも仕事でスーツ...

スーツはハンガーの掛け方次第で長持ちさせることができる

スーツはハンガーの掛け方や保管の仕方によって、長持ちさせることができます。大切なスーツだからこそ...

【クリーニング料金】スーツの相場やお得にする店選びのポイント

クリーニングの料金については、スーツを出したいけど気になるところ。できれば安くクリーニングに出したい...

スポンサーリンク

洗えるスーツなら自宅でも洗濯することができる

仕事でスーツを着る機会が多い人も、たくさんいますよね。
毎日スーツを着ていると汗や臭いが気になることもあります。
スーツの汚れが気になるとクリーニングに出すしか方法がないと思われがちですが、実は自宅で洗濯することができるスーツもあります。

自宅でスーツを洗う場合スーツについている洗濯表示を確認しましょう。洗濯機洗いマークや手洗いマークがついている場合は、自宅でスーツを洗濯することができます。

スーツにはウオッシャブルスーツ、水洗い可、水洗い不可のタイプがあるので必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。

スーツを自宅で洗濯する前に気をつけたい注意点

自宅でスーツを洗う事が出来ると、いつでも清潔なスーツを会社に着て行く事ができますよね。しかし、自宅でスーツを洗濯する場合いくつか気をつけなければいけないことがあります。

自宅でスーツを洗う時には色落ちに注意する

スーツの中には洗濯をすると、色落ちしてしまう物もあります。
そのため、洗濯をする前に色落ちするか確認しましょう。

確認の方法はスーツを洗う時に使用する、おしゃれ着洗い用洗剤とティッシュが必要です。

まずティッシュに洗剤の原液をつけ、スーツの生地の裏側の目立たない部分に5分間つけます。5分後洗剤をつけた部分を優しく叩き、色移りしていなければ自宅で洗うことができます。

スーツは洗濯機を使って自宅でも簡単に洗う方法

スーツを着る仕事をしている人は、どのくらいの頻度で洗濯をしていますか?
着る度にクリーニングに出す人は少ないですよね。スーツには汗や埃がたくさん染み込んでいます。
汚れているスーツを着て出社すると印象が悪くなってしまうこともあります。そのため定期的に洗うようにしましょう。

スーツによっては自宅の洗濯機で洗えるスーツもあります。自宅で洗う事が出来ると、クリーニング店に持っていく手間も省くことが出来るので時間を有効に使うこともできます。そして費用も節約することが出来るため、スーツは自宅の洗濯機を使い洗濯する方法をおすすめします。

自宅で洗濯する場合に準備するものは、おしゃれ着洗い用の洗剤、スーツを入れる洗濯ネットです。

  1. 前処理
    汚れや気になるシミがある場合はおしゃれ着洗い用洗剤を少しつけ、キャップの裏側で軽くトントンと叩きます。
  2. 上着の前ボタン、スボンのファスナーを閉じ、プリーツを整え2つ折り、もしくは3つ折りにします。畳んだスラックスを上着の胸部分に置き、左右の袖を折り曲げ、最後に身ごろも畳みます。畳んだら洗濯ネットに入れます。
  3. 洗濯機で洗う
    おしゃれ着用洗剤を使い、洗濯機手洗いコースかドライコースを洗濯して洗濯をします。脱水時間はい一番短い時間に設定します。脱水時間を短くするとシワがつきにくくなるので、アイロンがけも楽になります。
  4. 脱水が終わったら、すぐに取り出し形を整え陰干しをしましょう。

洗濯後のスーツはアイロンをかけるとしわも伸びてスッキリ

スーツがある程度乾いたら次はアイロンがけをします。自宅で洗濯をするとスーツにはたくさんのシワがついてしまいます。きちんとアイロンをかけるようにしましょう。

スーツにアイロンをかける時のポイント

  1. 洗濯表示でアイロンの温度を確認する
    スーツの生地は高温でアイロンがけしてしまうとテカリの原因になりますので、低温に設定してアイロンをかけます。
  2. あて布を使用する
    スーツに直接アイロンをかけてしまうと、生地がテカってしまいます。アイロンをかける場合は必ずあて布をしましょう。
  3. ジャケットは部分ごとに丁寧にアイロンをかける
    ジャケットの肩や袖などはアイロンがけが難しいです。丸めたタオルを内側に入れてその上からアイロンをかけるとふっくらした仕上がりになります。
  4. スラックスは折り目をしっかりとかける
    スラックスは、腰回り、ヒップ、足、裾の順番にアイロンをかけていきます。最後は折り目にしっかりとアイロンをかけましょう。

スーツは適度な洗濯と毎日のケアで長持ちさせましょう

スーツを頻繁に洗うと生地を傷めてしまう原因になります。クリーニングや洗濯する回数を減らすために、日頃のメンテナンスをしっかり行うとお気に入りのスーツを長く着ることが出来ます。スーツを美しく保つためには毎日お手入れすることが大切です。

着用後は風通しのいい所に干します。スーツ用のハンガーにかけることで型崩れを防ぎます。又ポケットの中の物は出しておきましょう。型崩れやシワになることを防ぎます。

着用後のスーツにはたくさんの埃がついています。ブラシを使い目には見えない埃を落とします。埃をそのままにしておくと、繊維の中に入ってしまい虫食いの原因になる可能性もあります。ジャケットは上から順番にかけて行きます。スラックスは逆にして裾から腰へとブラッシングします。

1日着たら出来れば1日は休息させてあげます。ハンガーにかけてしっかり汗や湿気を乾燥させることでスーツを長持ちさせることができます。